管理人の見え方 色の見え方が変わる

色の見え方が変わる

管理人の見え方 色の見え方が変わる

色の見え方がレーシック後かわりました。コントラスト感度低下からきているものと推察されます。

下記で紹介されている見え方にものすごく近い。 現在の視力は0.1程度ですので眼鏡、コンタクトをして下記の見え方になっている状態です。

レーシック後色の見え方がおかしくなる例 LEVEL3

色の見え方

色の見え方

室内で間接照明だとこの色の見え方の変化はよりいっそう感じられる。

また逆光の時に全てが真っ黒にみえるので通常の視界であれば、逆光になっても顔の形や色、起伏などを感じられるが、全部が真っ黒に見えてしまう。下記は自分で加工しましたが、実際はより飛行機の機体が完全に真っ黒になってしまいます。

正常な視界

正常な視界

レーシック後の視界

レーシック後の視界

 

これが夜間の運転能力の低下に繋がっています。つまりモノを立体的に認識するための最小輝度があがっている。つまり明るくないとモノを立体的に認識できないので、夜間のくらがりで歩行者などを認識する能力(コントラスト感度)が低下しているのです。

0.1程度の視力でさらに再度眼鏡とコンタクトで矯正してもこのレベルの見え方です。手術を受けられる皆様においては、見え方の質の低下と、その他の合併症リスクと裸眼でいられるメリットを熟慮のうえ手術を検討されることを願います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>