消費者庁からレーシックに関する注意喚起

くろねこさんのブログでの紹介のとおり、消費者庁からレーシックに関する注意喚起が行われました。行政が動いた事に感謝いたします。微力ながらこの問題の進展に貢献できればと思います。

下記コピペ 原文ママ

==============================================================

本年、9月24日に「レーシック難民を救う会」から、レーシック被害状況に関してのレポートを提出させていただき、それを受けて、消費者庁において大規模な調査を行っていただいたそうです。その結果によると、レーシックを受けた方の4割 (600名のうちの) に何らかの後遺症が発生していたそうです。

この報道を受けて、下記の番組でもレーシック被害がとりあげられることとなりました。ぜひ、ご覧ください。

  • 本日 12/04 – 23:00からの「ニュース23」TBS
  • 明日、12/05 – 朝6時台から7時台にかけての、「おはよう日本」NHK

またこの問題について、医療被害を扱う弁護団にて、12/21 (土) の午前9時15分から午後5時まで、専門の電話相談を実施する流れとなりました。番号は03-6869-8391です。少しでも、レーシック後遺症に苦しまれている方は、この機会をご利用いただければ幸いです。

 

レーシック後遺症に関しての医療問題弁護団相談ホットライン

実施日時 : 12/21 (土) 9:15から17:00まで

電話番号 : 03-6869-8391

================================================================

また こちらのサイトでも取り上げられていました。

Hazard Lab 安易なレーシック手術は避けて!危害情報急増中 消費者庁

“レーシック手術を安易に受けることは避け、リスクの説明を十分受けるよう注意を呼びかけている。”

ここの部分にまだまだ違和感(まるで安易に受けている消費者(患者側)に責任があるかの説明)を感じますが、同時に医療サービス提供側についても

”また消費者がレーシック手術を受けるきっかけとなった情報の約4割は医療機関のウェブサイトやインターネット広告だが、同庁では、これらの情報の一部には、関係法令に抵触するおそれのあるものもあるとしている。”

と指摘しているので取り締まりに期待しています。

消費者庁がレーシック被害調査開始2

消費者庁がレーシック被害調査開始2

消費者庁のレポート提出が遅れてしまいましたが、受け付けていただけました。ありがとうございますm(_ _)m

また私の事例についてもくろねこさん同様に「重大事故に関する公表事例」として登録、掲載されるようです。消費者庁のご担当者様ありがとうございます。少しづつでもこの問題が進展していけばと思います。

下記のような比較的中立的に見える意見も公に出てきました。

みさき眼科クリニック 石岡 みさき医師

眼科医自身がレーシックの危険性を公に発言しても「問題無い」空気というものが出来ていく事がとても大切だと思います。

 

消費者庁がレーシック被害調査開始

消費者庁がレーシック被害調査開始

だいぶ更新が遅くなりました。消費者庁がレーシック被害の実態把握のために調査を開始しました。 勿論被害レポートを提出した私のところにも同様のメールおよび手紙が届きました。以前こちらのエントリの通り 国民生活センターのトラブルメール箱 から同様の手続きをしましたが、再度レポートしてくれとのことですので対応します。

染井さん黒猫さんのブログでも告知されています。

まずは届け出を出さないと被害自体が「無かったこと」になってしまいます。

是非この機会に、レポートしていただければと思います。10分程度で完了します。

これまでレーシック後に不具合を感じているけど、医師が高圧的な態度で接してきたのでレポート出来なかった方、日常生活には特別問題はないけれども軽度の後遺症を患っている方など、皆さんの声が行政を動かす力になります。

【これから被害届けをだされたい方】

被害通報先

1.お電話での被害通報先

消費者庁

0570-064-370

2. Eメールでの被害通報先

国民生活センター

 

下記くろねこさんのブログからコピペ 消費者ホットラインに電話での被害届けの出し方

=============================

届の出し方は、消費者ホットラインへ電話をするだけです:

消費者ホットライン
0570-064-370
(電話するとお住まいの地域の消費者センターにつながります)

電話の内容ですが、単に下記の点をお話するだけです。
1.手術を受けた時期
2.クリニック名(あれば住所と電話番号も)
3.どのような点が不適切でないと感じたか
4.術後の後遺症はいかなるものであるか、そのせいで何が起こったか
5.それを病院に訴えた時の反応
6.後遺症発生後、どのような治療を行ったか、どの病院へ受診したか
7.自分の電話番号と住所
8.名前(伝えても伝えなくともよい)

================================

たったこれだけで皆さんの後遺症が行政に認識されます。10分程度の時間で完了すると思われますので、ほんの少し皆さんが勇気をもって行動していただければ難民としては嬉しいかぎりです。