確定申告 レーシック関連の医療費控除

とある事情から、一足先に確定申告(準確定申告)してきました。

レーシックしたことがあり、確定申告を行ったことがある人でしたらご存知だと思いますが、レーシックの治療費用は医療控除対象になります。

国税庁 眼科医に支払う治療費等

また私の場合 収差を減らすためにレーシック後遺症患者用のハードコンタクトレンズや斜視矯正用のプリズム眼鏡を購入していましたのでそれについても控除対象として申告しました。

以下コピペ

======================================

眼科医で治療を受けるために支払う次の費用は、医療費控除の対象となりますか。

  • 1 視力回復レーザー手術(レーシック手術)の費用
  • 2 オルソケラトロジー治療(角膜矯正療法)の費用
  • 3 眼鏡の購入費用

A2

  • 1 視力回復レーザー手術(レーシック手術)とは、角膜にレーザーを照射して近視や乱視などを治療し、視力を矯正する手術のことです。
    この手術は、眼の機能それ自体を医学的な方法で正常な状態に回復させるものであり、それに係る費用は、医師の診療又は治療の対価と認められますので、医療費控除の対象となります。
  • 2 オルソケラトロジー治療(角膜矯正療法)とは、近視などの角膜の屈折異常を特殊なコンタクトレンズを装用することにより、屈折率を正常化させて視力の回復をさせるものです。
    この治療も、眼の機能それ自体を医学的な方法で正常な状態に回復させるものであり、それに係る費用は、医師の診療又は治療の対価と認められます。
  • 3 近視や遠視などのために日常生活の必要性に基づき購入されるものは、視力を回復させる治療の対価ではないので、医療費控除の対象とはなりません。
    しかし、例えば、斜視、白内障、緑内障などで手術後の機能回復のため短期間装用するものや、幼児の未発達視力を向上させるために装着を要するための眼鏡などで、治療のために必要な眼鏡として医師の指示で装用するものは、医師による治療の一環として直接必要な費用ですので、医療費控除の対象となります。

======================================

税務署で申告したのですが、最初、担当者の方によってはレーシック自体が医療控除対象とならないというような見解やレーシックは控除対象だが、その後遺症の治療のための眼鏡の費用は対象外という見解をもっていた方もいたので、上記を説明して認めていただきました。

ご参考まで