医療問題弁護団 相談ホットライン開設

重要なお知らせなので拡散します。これを機にレーシック後不調を抱えているけれども、医療機関ではきちんとした後遺症治療を受けれてなくてお困りの方、日常生活に支障は無いけれども、異常なドライアイや夜間視力の低下等、不具合を抱えながらも沈黙してこられた潜在難民の方等 是非この機会にご相談ください。被害実態が行政に把握されて初めて前進します。

下記くろねこさんのブログからコピペです。相談ホットラインの件

======================================

12/21 (土) の 9:15am からレーシックの合併症・後遺症を発症した方や、その家族・周りの方に対してのホットラインが開設されます。レーシック後のすべての後遺症で困っている方、治療費で困っている方、仕事などを辞めざるを得なくなったり・転職を余儀なくされた方、”夜に車の運転でけへん!どうしてくれるんや、事前説明あらへんかったで” という方、後遺症で心療内科などから控除を受けている方 (レーシック後遺症は病気として認められていない) 、手術後何やら眼が変という方など。レーシック後の後遺症・合併症に悩まれている方、その方のご家族・パートナーやご友人の方は、ぜひ下記のホットラインをご利用いただければ幸いです。

 

レーシック後遺症に関しての医療問題弁護団相談ホットライン

(無料レーシックホットライン)

実施日時 : 12/21 (土) 9:15から17:00まで

電話番号 : 03-6869-8391

詳細 : http://www.iryo-bengo.com/general/info/info131206.pdf

 

このホットラインは、医療問題弁護団の弁護士先生によって開設されています。この先生方は「レーシック手術集団感染事件 (銀座眼科事件)」を手がけた実績もあり、「医療事故被害者の救済及び医療事故の再発防止のための諸活動を行い、これらの活動を通して医療における患者の権利を確立し、安全で良質な医療を実現することを目的」として働いている弁護士先生の集まりです。

相談して何になるの?と思われる方もいらっしゃるかとは思いますが、くろねこが勝手に解釈してしまうと…

規模によっては専門チームを集めての後遺症治癒への研究へつながるかもしれない (心から願うところ)、明らかにガイドライン違反と思われるクリニックがあった場合には個別の法的な処置や指導も行っていただける (法的手続きは若干有料)、後遺症治療への公的なサポートや整備、行政への更なる働きかけなどへつながるかもしれない…

相談していただくことで、小さなステップかもしれませんが次の道筋が見えてくると思います。ホットラインの相談時間は20分ですので、経緯を事前にメモにまとめておくことをお勧めします。

======================================