カネボウ白斑問題で初提訴 東京都の女性、4800万円賠償請求

カネボウ白斑問題で初提訴 東京都の女性、4800万円賠償請求 

症状についての内容はこちら

Girls Channel こんなサイトあったんですね

白班

以前から何度か取り上げているこのニュースですが初の提訴となったようです。カネボウ側の問題の対応はレーシック大手クリニックの対応に比べると誠意あるものに報道されている内容だけみるとしていましたが、今回のテレビで放送されていた被害者インタビューで印象が変わりました。

特にカネボウに対して「きちんと対応してほしい」ということをテレビのインタビューでも言っていました、企業に尋ねても「わからない、上と相談」、皮膚科巡りをしても「様子をみましょう」ということだけだったということです。

痛いほどその追いつめられた気持ちがわかります。改善しない症状に、きちんと対応しない企業、病院を巡っては「様子をみましょう」 ってこれレーシック難民の負のスパイラルそのまんまだからです。

今回の勇気ある提訴がこのカネボウ問題の進展に寄与することを願います。マスコミに対してきちんと向かい合って自分の後遺症を告白し、提訴することは大変勇気のいることだと思います。精神的、経済的にも負担が大きいでしょうが是非頑張っていただきたいと思います。

レーシックについてもほんの少し踏み出す事で状況がかわるかもしれませんし、かえていかなくてはいけません。

染井さんのブログではありませんが、やはり彼らには道義的責任相応の社会的制裁が必要だと思います。それを実現するためには法的解決以外にありません。

ご興味のある方はこちらまで stoplasik@gmail.com

ストップ•レーシック