肩腱板損傷とインプラント ウェブサービスについて思うところ

久々の更新になります。そうまさかのこの2つのケガと歯の問題に悩まされています。今年の健康問題の発生率は異常で健康体に対する憧れが尋常ではありません。

■肩腱板損傷

肩腱板損傷については肩腱板の不完全断裂で約50%が断裂しているのがMRI画像から確認できました。サーファー等肩の運動するスポーツ愛好家としては手術しないですむか(保存療法)微妙なところだそうです。日常生活に問題が無いレベルに3ヶ月かけて回復してきましたが、まだ肩を使うサーフィンのような運動については行えないでいます。

9月初旬に千葉のサーフキャンプで重いものを持った時に痛めたようです。最初は甘くみてたのですがいつまでたっても肩が上がらないので専門医の診察を受けました。

上肢の専門というだけでなく、肩の専門医を見つけるのに苦労しました。

■インプラント

子供の時の怪我で差し歯になった前歯の根の部分に膿が溜まり前歯を抜歯しました。現在仮歯をつけていて、半年後くらいにインプラントを行う予定です。

根の治療をしていた時には膿が溜まってた部分が急性化し、夜も寝れないレベルの激痛で何度も歯医者に駆け込みました。何が起きているのか自分では理解できず、慌てて対応法を検索したりしました。こういったサイトでは素人の質問に先生が直接回答していて助かります。 専門家 Profile

インプラントは自分の中ではレーシックと並ぶ問題の多い術式というイメージがありました。(今もある)いずれにせよ歯茎部分が自然治癒してからになるので、慎重に病院を選ぼうと思います。しかしながら、結局ウェブをみても下記2点というのは患者側にはまだまだ理解できる仕組みが無いと思います。

1.治療法自体に対する患者の理解

医師には当たり前の用語や治療法であっても患者側だと当然理解できてないことがとても多いですし、質問しようと思っても医師自身に十分な時間が無いことが多い。

2.医師のスキルレベル

正直自分が治療を受けていても担当している医師の腕がいいのか悪いかは本当に患者側には判断できないのでこの2つの部分を解決できるサービスというのは本当に必要とされているなぁと思う次第です。

なぜなら医療行為自体が医師にお任せにするものではなく、患者自身が積極的に意思決定に関わり最終決定権を持つ行為だということが患者側にまだまだ足りてないのではと、レーシック後遺症、肩腱板損傷、インプラントという3つの疾患を抱えて思うようになりました。当たり前ですが医師は全知全能の神ではないのですが、正直こういった問題を抱えるようになるまでは自分自身も大きな怪我や病気を患った事もなかったですし、面倒だったので医師にお任せでした。しかし、こういった比較的治療に時間のかかる問題を抱えると、当然ながら医師が即座に解決できない問題が出てきます。恥ずかしながらそこで初めて医師がこういった一般的な疾患に関しても万能ではないことを知り、治療のリスクというものを考えるようになりました。(逆に言って見れば医師に対する期待値が高すぎた)

どんな怪我や病気を患っても治療法を最終的に決めるのは患者自身になるのですから。決めれるようにもっともっと医療情報が共有化されることを願います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>