元医師 スターヘッジファンドマネジャーから見たレーシック

元医師 スターヘッジファンドマネジャーから見たレーシック

昨日のエントリ ”最近読んだ本&雑誌” の中で

を紹介しましたがその中のレーシックに対して否定的な一文というのがこちら、因にこの主人公のひとり、ウォールストリートの所謂業界連中が全く持って予見できなかった、サブプライムローンの崩壊からの金融危機を予見していたヘッジファンドマネジャー マイケルバーリは元医師です。

”生死を争う状況にある時でさえ、医師も、看護師も、患者も全員が悪しき動機に従って行動するようなところがあった”

”例えば、虫垂切除術の補償率が高い病院では、外科医がよその病院より多くの虫垂を切除した。また眼科手術の進歩も、好例を提供してくれる。1990年代、眼科医たちは白内障治療の手術を行う事でキャリアを築きあげた。せいぜい30分ほどの施術時間でも、メディケア(訳注:65歳以上の高齢者を対象とする医療健康保険制度)から、一回につき1700ドルの補償金が支払われた。90年代後半、メディケアが一回の施術あたりの補償基準を450ドル前後まで削減したせいで、手術に熱心な眼科医の収入が減ってしまった。アメリカじゅうの眼科医が、効果が曖昧で危険度の高い放射状角膜切開という施術法をふたたびひっぱりだし、その技術を使った軽度視力障害の矯正手術が大流行する。研究の余地が残されたその施術法は、コンタクトレンズ使用者の悩みを解消する手立てとして売り出された。バーリは言う。「現実的にいうと、眼科医たちの動機は、しばしば百万から二〇〇万ドルに及ぶ高収入を維持することであり、それに沿って行為が正当化されました。医療業界は放射状角膜切開より危険度の低いものを見つけようと躍起になり、その結果生み出されたのが、レーザー近視矯正手術、つまりレーシックです」”

原文まま、システムの動機付けの仕方によっていかに市場や人間が暴走しうるかをレーシックの例を用いて説明しています。なのでバーリは自分自身に適正な動機付けをするために、預かり資産の2%(典型的なヘッジファンドマネジャーの手数料報酬)を請求せず、投資家たちに実際の経費(預かり資産の1%を大きく下回る)しか請求しなかったということです。

勿論 このレーシックに関する否定的意見は元医師とはいえバーリの個人的一意見にすぎません。

因に彼がサブプライムローンの問題についてマーケット崩壊について確信を持ちショート(空売り)を初めて損失を出し始めた時、投資家(専門家)たちは執拗に反対し、資金の引き上げも含めてバーリに打診しています。

今回のレーシックについては、どのような結果になるでしょうか。レーシックの危険性が広く認められた場合、その時のレーシックを推進していた専門家達、経営陣のその後は、金融危機時の金融機関エグゼクティブ達のその後(退職金をたっぷり貰っておとがめ無し)とは違うものになってもらいたいものです。

医療業界においてこそはアップサイドオンリーの、モラルハザード(儲かった時には自分のもので、困った時には税金で救済)という形は許してはいけないと思います。当たり前ですが不可逆な事が金融とは違い多過ぎるためです。

最近読んだ本&雑誌

特に意味はありませんが、最近本と映画を読む時間がまとめて取れた中で面白かったものを備忘録として

 世紀の空売り

マイケルバーリという研修医が投資ブログを書いていたところからファンドマネジャーになって実際に運用しサブプライムローンの問題を早期から認識し、所謂業界人では無い彼が業界全体を出し抜いて巨利を得る話です。

因にその中の一文にレーシック業界について否定的な記述が出てきます。

ウェブはグループで進化する

溶ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録

■雑誌

実名投稿型グルメアプリのRettyさんから出た本です、本としてもとても良く、実際のアプリユーザが登場して喋っているため臨場感があって面白かったです。笑

独身男性必見と言えます 笑

 

サーフィン帰りにでも寄ってみたい。写真が綺麗で家においてあります。

なんとまぁまとまりの無い本を読んでいるのかなと思う今日この頃

 

肩腱板損傷とインプラント ウェブサービスについて思うところ

久々の更新になります。そうまさかのこの2つのケガと歯の問題に悩まされています。今年の健康問題の発生率は異常で健康体に対する憧れが尋常ではありません。

■肩腱板損傷

肩腱板損傷については肩腱板の不完全断裂で約50%が断裂しているのがMRI画像から確認できました。サーファー等肩の運動するスポーツ愛好家としては手術しないですむか(保存療法)微妙なところだそうです。日常生活に問題が無いレベルに3ヶ月かけて回復してきましたが、まだ肩を使うサーフィンのような運動については行えないでいます。

9月初旬に千葉のサーフキャンプで重いものを持った時に痛めたようです。最初は甘くみてたのですがいつまでたっても肩が上がらないので専門医の診察を受けました。

上肢の専門というだけでなく、肩の専門医を見つけるのに苦労しました。

■インプラント

子供の時の怪我で差し歯になった前歯の根の部分に膿が溜まり前歯を抜歯しました。現在仮歯をつけていて、半年後くらいにインプラントを行う予定です。

根の治療をしていた時には膿が溜まってた部分が急性化し、夜も寝れないレベルの激痛で何度も歯医者に駆け込みました。何が起きているのか自分では理解できず、慌てて対応法を検索したりしました。こういったサイトでは素人の質問に先生が直接回答していて助かります。 専門家 Profile

インプラントは自分の中ではレーシックと並ぶ問題の多い術式というイメージがありました。(今もある)いずれにせよ歯茎部分が自然治癒してからになるので、慎重に病院を選ぼうと思います。しかしながら、結局ウェブをみても下記2点というのは患者側にはまだまだ理解できる仕組みが無いと思います。

1.治療法自体に対する患者の理解

医師には当たり前の用語や治療法であっても患者側だと当然理解できてないことがとても多いですし、質問しようと思っても医師自身に十分な時間が無いことが多い。

2.医師のスキルレベル

正直自分が治療を受けていても担当している医師の腕がいいのか悪いかは本当に患者側には判断できないのでこの2つの部分を解決できるサービスというのは本当に必要とされているなぁと思う次第です。

なぜなら医療行為自体が医師にお任せにするものではなく、患者自身が積極的に意思決定に関わり最終決定権を持つ行為だということが患者側にまだまだ足りてないのではと、レーシック後遺症、肩腱板損傷、インプラントという3つの疾患を抱えて思うようになりました。当たり前ですが医師は全知全能の神ではないのですが、正直こういった問題を抱えるようになるまでは自分自身も大きな怪我や病気を患った事もなかったですし、面倒だったので医師にお任せでした。しかし、こういった比較的治療に時間のかかる問題を抱えると、当然ながら医師が即座に解決できない問題が出てきます。恥ずかしながらそこで初めて医師がこういった一般的な疾患に関しても万能ではないことを知り、治療のリスクというものを考えるようになりました。(逆に言って見れば医師に対する期待値が高すぎた)

どんな怪我や病気を患っても治療法を最終的に決めるのは患者自身になるのですから。決めれるようにもっともっと医療情報が共有化されることを願います。

 

消費者庁がレーシック被害調査開始2

消費者庁がレーシック被害調査開始2

消費者庁のレポート提出が遅れてしまいましたが、受け付けていただけました。ありがとうございますm(_ _)m

また私の事例についてもくろねこさん同様に「重大事故に関する公表事例」として登録、掲載されるようです。消費者庁のご担当者様ありがとうございます。少しづつでもこの問題が進展していけばと思います。

下記のような比較的中立的に見える意見も公に出てきました。

みさき眼科クリニック 石岡 みさき医師

眼科医自身がレーシックの危険性を公に発言しても「問題無い」空気というものが出来ていく事がとても大切だと思います。

 

消費者庁がレーシック被害調査開始

消費者庁がレーシック被害調査開始

だいぶ更新が遅くなりました。消費者庁がレーシック被害の実態把握のために調査を開始しました。 勿論被害レポートを提出した私のところにも同様のメールおよび手紙が届きました。以前こちらのエントリの通り 国民生活センターのトラブルメール箱 から同様の手続きをしましたが、再度レポートしてくれとのことですので対応します。

染井さん黒猫さんのブログでも告知されています。

まずは届け出を出さないと被害自体が「無かったこと」になってしまいます。

是非この機会に、レポートしていただければと思います。10分程度で完了します。

これまでレーシック後に不具合を感じているけど、医師が高圧的な態度で接してきたのでレポート出来なかった方、日常生活には特別問題はないけれども軽度の後遺症を患っている方など、皆さんの声が行政を動かす力になります。

【これから被害届けをだされたい方】

被害通報先

1.お電話での被害通報先

消費者庁

0570-064-370

2. Eメールでの被害通報先

国民生活センター

 

下記くろねこさんのブログからコピペ 消費者ホットラインに電話での被害届けの出し方

=============================

届の出し方は、消費者ホットラインへ電話をするだけです:

消費者ホットライン
0570-064-370
(電話するとお住まいの地域の消費者センターにつながります)

電話の内容ですが、単に下記の点をお話するだけです。
1.手術を受けた時期
2.クリニック名(あれば住所と電話番号も)
3.どのような点が不適切でないと感じたか
4.術後の後遺症はいかなるものであるか、そのせいで何が起こったか
5.それを病院に訴えた時の反応
6.後遺症発生後、どのような治療を行ったか、どの病院へ受診したか
7.自分の電話番号と住所
8.名前(伝えても伝えなくともよい)

================================

たったこれだけで皆さんの後遺症が行政に認識されます。10分程度の時間で完了すると思われますので、ほんの少し皆さんが勇気をもって行動していただければ難民としては嬉しいかぎりです。