眼科巡り終了のお知らせ

眼科巡り終了のお知らせ。眼科をクローラのごとくグルグルとまわっていましたが一旦新規開拓終了します。

mac_shutdown_01

くろねこさんが眼科巡りについて次の一件でしばらく新規開拓については休止する旨ブログで書かれていますが私も眼科巡りについては一旦終了としています。

私も 特注ハードコンタクト、通常のハードコンタクト、ソフトコンタクト、プリズム眼鏡、通常の眼鏡、眼のまわりのマッサージ、目薬(サンコバ、ミドリン等)、サプリメント等色々と試しましたが、日常生活において見え方が問題無いレベルまでは回復しませんでした。

時間も労力もお金もかかるので、これ以上の眼科開拓は自分を消耗させてしまうだけだと思ったので、眼科巡りは一旦終了です。

今後新たな治療法、例えば高次収差を吸収することができるカスタムオーダーソフトコンタクトレンズ等が出てきた時には積極的に試したいと思いますが、それまでは現状のこの眼とうまくやっていく付き合い方を模索しようと思います。

現在行っているのは

  1. 十分な運動と睡眠(運動後は見え方が改善する)
  2. ソフトサンティアを大量使用(多いときで30分毎、屈折力補助)
  3. 部屋の電球取り替えと追加電気スタンド +ペンライト(見えにくい環境をせめて自宅では無くす)
  4. 複視が強く出た時には無理せずすぐに寝る
  5. ピントがあわなくなってきたらミドリン使用して寝る
  6. 人の顔や暗がりでのライト等、見づらいところを見ようとしない。昼休みは必ず外に出る等(意識的に見やすいものしか見ないようにしています、黒や紺色等の色の区別がつきにくい服をあわせて着るのを避ける等)

すごく単純ですが、気持ち的には上記をするだけで大きくかわります。特に6の見えないところを見ようとしないは自分の中では重要で、単眼複視とハロをなるべく意識しないように夜間外に出る時等はライトで照らされている明るい通りの地面を見るようにしています。(遠くを見るとライトや建物が眼に入り、輪郭がぼやけ、スターバーストと複視が大きく出てしまうので、ライトに照らされた近くを見る方がストレスが無い)

海外出張の飛行機の中で映画をみることが好きでしたが、現在はハロでストレスだらけになるので、本を読んで仕事して後は寝ています。とにかく見づらいストレスMAX状況になる前に寝るを心がけています。 飛行機の時間の関係で朝4時起きとかで空港に向かうとスターバーストがとんでもないことになるのですが、こういった避けられない事態以外はなるべく見ないようにすることでストレスを多少なりとも軽減する方法を覚えました。しばらくは治療よりもこの眼との付き合い方にエネルギーを使おうと思います。

勿論治療の道を諦めたわけではありません、あくまで一旦治療は一休み。

希望ゼロにしてしまうことはまだ受け入れられません。

安西先生

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>