レーシックの種類

レーシックの種類

イントラレーシック

イントラレース(フェムトセカンドレーザー)と呼ばれる高精度な医療用レーザーを使用してフラップを作成する、レーシック治療のことをいいます。近年大手クリニックでは、この術式が主流になっています。
フラップ作成にレーザーを利用した術式の総称であるため、実際に検討する場合にはエキシマレーザーにどの機種を使っているのか確認が必要です。

イントラレーシックのポイント

* レーザーによりフラップを作り、器具が直接眼に触れることがないため、感染症が発生しにくい。
* レーザーはプログラムで自動コントロールされているため、ドクターの技術による個人差が少なく、手術ミスが起きにくい。

iLASIK(アイレーシック)

iLASIKはAMO(ADVAMCED MEDICAL OPTICS)社の商標です。 「Wave Scan(ウェイブスキャン)」「Intralase FS60(イントラレースFS60)」「VISIX STAR S4 IR(ビジックス スターS4 IR)」の3つの機器を使ったレーシックだけを iLASIK(アイレーシック)と言うことができます。この3つの機器を使って、指紋のように一人ひとりの角膜のわずかな歪みまで矯正することで、不正乱視による収差も矯正できるのが特徴です。

iLASIK(アイレーシック)のポイント

*NASAが宇宙飛行士にレーシックを受けることを許可した唯一の術式です。
* 収差を打ち消すデータをインプットするため、屈折異常を治すだけでなく不正乱視を矯正し、よりクリアな見え方が得られます。
* レーシックの合併症として、術後に発生する可能性のあった光のぎらつきや光源の周りに輪が見えるといった症状を抑えられます。

※実際のデータではどの程度i Lasikの成績(収差)が良いのかは議論が別れる段階であると思われます。またiLasik については角膜の切除量が一般的なイントラレーシックと比較して多くなりますので角膜厚に余裕がある必要があります。

ラセック(LASEK)

角膜上皮をアルコールで柔らかくし、角膜を取り除いて行う術式です。 角膜実質層にエキシマレーザーを照射するのはレーシックと同じですが、レーシックよりもフラップが薄いため、施術後に3日間程度、保護用のコンタクトレンズを装用する必要があります。 角膜が薄い人・格闘技などハードなスポーツをする人に適しています。

※例外的に近視戻りが出てこれ以上角膜を削れない人にイントラレーシック後に施術することがあるそうです。ただし術後経過観察が半年間と長くメンテナンス、ケアに手間がかかります。直射日光を避けるためサングラスの着用が必要です。

PRK(ピーアールケー)

レーシックが視力回復手術として広く認識される以前から行われていた術式です。フラップを作成せずに表面からレーザーを照射する方法で、角膜上皮の再生までの間、角膜表面を保護するため、コンタクトレンズを装用します。 角膜の表面が再生されるまでに時間がかかり、痛みを伴う場合がありますが、フラップがずれる心配がないので、格闘技などハードなスポーツをする人に適しています。

 

※例外的に近視戻りが出てこれ以上角膜を削れない人にイントラレーシック後に施術することがあるそうです。ただし術後経過観察が半年間と長くメンテナンス、ケアに手間がかかります。直射日光を避けるためサングラスの着用が必要です。

こちらから拝借した内容に※部分を追記させていただきました。それぞれの術式には一長一短がありますのできちんと理解しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>