週刊文春のレーシック記事

 

 

週刊文春のレーシック記事

くろねこさんがまとめてくれていたので、ご紹介します。

私もこの内容に同意です。以下抜粋

======================================================

1) レーシックの手術の前に行われる、手術のリスクの説明がほぼ無い。あるいは改ざんされている。

ドライアイやハロ・グレア、光過敏などは、術後半年でほぼ完治すると言われました。また鬱や自律神経失調症、角膜表面の痛み、めまいや肩こり、頭痛、眼精疲労などの後遺症については、一切言及がありませんでした。

また私はパソコン関連の仕事をしていることを術前から明確にしていましたが、
「術後3日ほどで仕事に復帰できる。
手術を受けた、IT関連の人も全く問題なく復帰している。」
とクリニック側には言われました。

実際は仕事に復帰できる状態まで、未だに回復していません。術後2年以上たっていますが、眼の痛みで仕事を失う可能性に怯えています。

2) 実際に後遺症が発生した人のデータが隠されており、なぜ後遺症が発生するかの原因が分かっていない。

鬱や自律神経の問題、見え方の問題、コントラストの異常などなど…
そしてこの角膜の痛みの原因が解明されて完治されるまで

….レーシックは、患者さんに特別な理由やレーシックでしか治せない疾患や事情があり、充分に後遺症のリスクの説明を行った後でなければ実施しないようにした方がいいと思います。

また後遺症で苦しむ人がどれだけいるのか、どんな後遺症があり、いつ発症したのか、その長期的なデータを明らかにしたうえで、患者さんに手術を受けるか・受けないかの選択をさせてほしいと思います。

術後数年たってから、突然後遺症が発症する確率が高い手術ですので、術後5年、10年、20年たった世界のデータを開示していただきたいです。

3) 実際に後遺症を発症した後のケアがずさん。後遺症を発症した患者さんに対するバックアップ体制が、全く整っていない。

後遺症を発症した患者さんに対して、すべて

  • ドライアイ
  • 精神的な問題
  • 加齢と過労

で対応しようとするのはいかがでしょうか?

後遺症の原因が分かっていないのであれば、せめて:
半月に1回の「好意的な」診察、
涙点プラグの定期的な無料点検と挿入、
ジクアスなどの基本的な目薬などの無料提供、
専門病院の紹介や紹介状の手配、
重い症状の人には後遺症に対する診断書の発行、
眼鏡の処方や専門店の紹介、
場合によっては心療内科などの紹介、
後遺症に対する精神的な問題の外部カウンセリング、
失職の場合の手続きの相談、
などを、好意的に・真摯な態度で行ってくれてもよいように思います。

============================================================

一日も早くこの無責任な手術体制が自己責任の名の下に患者側に一方的に押し付けられている状況がかわることを願います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>