視力がでないストレスを運動(サーフィン)で解消する

視力がでないストレスを運動で解消する

レーシック難民になって以来、視力のストレス(見え方の質、矯正視力の低下)をもっぱらサーフィンで解消するようにしている。自然と一体になって遊べるサーフィンは本当に素晴らしい。レーシック難民になって以来、美しい夕日や景色を見る度、以前のように鮮明には見えないけど、まだ見て自然を感じる事ができるという奇跡により感動、感謝するようになった。

スノーボードと違いそこまでのコントラスト感度が要求されないのでサーフィンについては今もできている。ただ曇りの日や、夕暮れ時はコントラスト感度が低下しているので波もみえないし、反応も遅れるけど。あとサーフィン時にコンタクトがなくなる事がとても多くなった、おそらくレーシック後の角膜の形が台形になっているのでソフトコンタクトのフィッティングが健常者のようにぴったりはまらないためだと思われる。だいたい最近は2、3回に1回はコンタクトがなくなる。

ここ半年で出張の合間などにマレーシア(Kija)、コスタリカ(Tamarindo,Witchs Rock,Ollies Point)、メキシコ(Puert Vallarta)、父島(小笠原諸島)、伊勢(三重県)、伊良湖(愛知)、南房(千葉)、とっぷさんて(茨城)、湘南(神奈川)、御前崎(静岡)等々でサーフィンしてきた。人生の中で今が一番サーフィンしていると思う。

基本遠くを見ることになるのと、見え方が急激に悪くなる夜には疲れて寝てしまうので不快感を感じる時間を短縮できる。

また運動するのでピントが合わない事から発生する肩こり等も解消できて自分にはとてもいい治療法になっている。

IMG_5046

Punta Mita, Mexico

IMG_5123

Tamarindo, Costa Rica

IMG_4459

Kija, Malaysia

IMG_4746

父島、小笠原諸島 島の皆さんによる海中飛び込み見送り。

IMG_3573

【番外編】ここでは時間が無くてサーフィンできなかったけど、ペルーのLima ミラフローレス、恋人岬 ロングライドできるトロ目厚めの波が割れていました。レーシック難民になる前の綺麗な視界で見る事ができた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>