ハードコンタクトの度数

ハードコンタクトの度数

現在特注のハードコンタクトを使用しているが見え方が良くない。装用感はなんとかなっている。外すのがまだ難しいけど。

問題は遠方視力が出てないのと乱視が強調されている。

処方箋を受け取ってなかったので電話で確認するとソフトコンタクトと比べると度数がかなり弱い、半分以下

どっかの求人広告のように「え 私の度数 弱すぎ」っと思ったのだが 

こちらのブログによるとBCが大きくなると涙液がレンズと眼の間に入りレンズの役割をするためソフトコンタクトや眼鏡とは度数が異なるということ。

以下抜粋

“一例として、
『BC 795 P -3.50』は、
『BC 800 P -3.25』とだいだい同じとして換算されます。”

とのこと自分の場合涙液の量がかなり少なめと言われた事があるのでそれが影響してるのではと推測。

もっとレーシックトラブルについて日々勉強したいのだが体系だてられて知識がついていなのと、断片的にしか情報が見つけれないので知識の入りが悪い状態が続いている。それに大学病院で診察してもらったカルテの見方も正確にわかってないし、納得もできていない。

Amazonで探しても”これでわかる、レーシックトラブル対応方法”なんてものないし。

難民救済している眼科医とかが書いてくれればいいのに。ぶっちゃけ3万円くらいしても買うよ。是非電子書籍でお願いします。

とにかく少しでもまともな視界を取り戻したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>