ハードコンタクトで乱視が発生する理由 (推測)

特注ハードコンタクトで乱視が発生する理由

先日プリズム眼鏡を作成してくれた眼鏡士さんの話だと、通常角膜乱視が発生していた場合はそれを打ち消そうとして水晶体乱視が発生、発達するらしい。通常の所謂乱視があるという状態はこの2枚のレンズの乱視の総和が+-ゼロになっていない状態ということ。 

いいかえれば角膜、水晶体に乱視があっても それを打ち消す方向に水晶体が発達して最終的に総和がゼロであれば乱視が無い状態であるということ。

レーシックトラブル用ハードコンタクトだと、角膜乱視が矯正されているのだろうが、おそらく水晶体乱視が強調されてでてしまっている可能性があるらしい。フィテッィングさえどうにかなるのであれば、通常のハードコンタクトの方が涙が入って屈折力調整してくれていいかもしれない。

ハードコンタクト作り直しかなぁ……また遠くまで行って激混みの眼科に行かなくてはいけないと思うと気が重い やはり一筋縄ではいかないわ。。。

頻繁に通っているので距離が遠いとかなり肉体的、時間的に負担が大きいので、近距離の眼科で対応してもらえるか確認しようと思う。

eye-danmen

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>