銀座眼科の事件

銀座眼科事件

この事件は2008年9月から2009年2月にかけて、東京銀座の「銀座眼科」でレーシック手術を受けた患者のうち、かなりの高い割合で感染性角膜炎などを発症したこと。その中には入院した被害者も2人いた。同院では破格の安値でレーシック手術を行っていたが、その代償として衛生管理を十分にしていなかったとして2010年12月7日、警視庁は銀座眼科の元院長を業務上過失傷害の容疑で逮捕した。その後、7人に不正乱視や角膜混濁など後遺症が出る細菌性角膜炎を発症させたとして起訴した。

2011年9月28日、東京地裁は禁錮2年(求刑禁錮3年)の判決。判決で近藤宏子裁判官は被告が多額の負債を抱えていて手術の際に刃の交換や手袋の装着、器具の丁寧な洗浄を行わずに経済的利益を優先させた。」と指摘。発症者が出た後も対策を講じず、約3カ月半にわたり被害を拡大させたと指摘した。
被害者弁護団によると、起訴内容に含まれなかった被害者のうち55人が被告に計4億円以上の損害賠償を求め、東京地裁に提訴している。被害者は100人を超えるとも言われている。

19歳女性失明の恐れ 銀座眼科、装置の点検一度もせず

驚いたのがここまでの事件になって尚かつ実刑判決まで出てるのにこの 溝口朝雄 が医師免許をまだ剥奪されていない事。

厚生労働省の医道審議会で決定されるようですが、この記事の内容だと

”溝口被告は公判で「医師として社会復帰し、被害者への賠償に努めたい」と話していた。” ということですが、へ? って感じですよね。

大量の感染被害を営利目的で出しておいて全面的に争う姿勢を見せておいて、刑事告訴までされている中で 「医師として社会復帰」 感覚がずれすぎていて理解不能。 一日も早く医師免許剥奪されることを祈ります。

溝口

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>