角膜の屈折力

角膜の屈折力

レーシックしてからというもの、近くから遠くを見る時にピントがあうまで2秒以上かかっている。今日は疲れてたせいか特にその症状が顕著にでた。

眼とカメラ

こちらの内容によると眼の屈折力の2/3は角膜がもっており屈折力は約60Dということだが、その角膜が削られたせいで水晶体が頑張っているが間に合わず遅れているのだろうか? レーシック直後はそういうことがおこると聞いていたのでそのうちなくなると思っていたが9ヶ月たった今も症状は改善されていない。

また暗順応、暗いところから明るいところへの順応も異常に遅い、見えるようになるまでに2秒程度かかることもある。

運転していてトンネルに入るとき、地下駐車場に入るときには特に注意をしている。

強度近視がレーシックに不適合なのは切除量が多くなってこの屈折力が失われることも理由のひとつなのだろうか? 知っている人がいれば教えてください。

またピントがあわないことが多く眼が疲れるのだがそれが下記のCM動画の6秒前後のところにそっくりだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>