国民生活センターと消費者庁

国民生活センターと消費者庁

今日は以前のエントリで紹介した国民生活センターのトラブルメール箱に投稿した内容について詳しくききたいと国民生活センターから電話がかかってきた。

消費者庁に国民生活センターから重大事故として通報したところ消費者庁がレーシックトラブル先進案件として診断書がほしいとのこと。 後日送付しようと思う。 既に私の場合相談している弁護士がいますが、各弁護士会への紹介なども国民生活センターから行ってくれるようです。

レーシック後遺症で悩んでいる人は トラブルメール箱に投稿(通報)しましょう。色々と力になってくれますよ。ウェブから投稿するだけ5分ですみます、簡単です! 

こちらからどうぞ! 国民生活センター トラブルメール箱

国民生活センター「レーシックトラブルの先進案件として扱いたいという話がありまして」

これを聞いて「先進案件?」やっぱり!と思いました。全然やはりレーシックトラブルが通報されてないし、国民生活センターという窓口もしられていないんだなと思いました。確かにこのウェブのUX悪い Orz..投稿ページにたどり着くのに結構大変でした。

こんな無料で力になってくれる組織があるのだから積極的に活用したい。

いつ投稿(通報)するのか!? 今でしょ!

今でしょ

国民生活センターと消費者庁” への1件のコメント

  1. ピンバック: 消費者庁がレーシック被害調査開始レーシック相談室 LASIK VISION

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>