ハードコンタクトで乱視が発生する理由 (推測)

特注ハードコンタクトで乱視が発生する理由

先日プリズム眼鏡を作成してくれた眼鏡士さんの話だと、通常角膜乱視が発生していた場合はそれを打ち消そうとして水晶体乱視が発生、発達するらしい。通常の所謂乱視があるという状態はこの2枚のレンズの乱視の総和が+-ゼロになっていない状態ということ。 

いいかえれば角膜、水晶体に乱視があっても それを打ち消す方向に水晶体が発達して最終的に総和がゼロであれば乱視が無い状態であるということ。

レーシックトラブル用ハードコンタクトだと、角膜乱視が矯正されているのだろうが、おそらく水晶体乱視が強調されてでてしまっている可能性があるらしい。フィテッィングさえどうにかなるのであれば、通常のハードコンタクトの方が涙が入って屈折力調整してくれていいかもしれない。

ハードコンタクト作り直しかなぁ……また遠くまで行って激混みの眼科に行かなくてはいけないと思うと気が重い やはり一筋縄ではいかないわ。。。

頻繁に通っているので距離が遠いとかなり肉体的、時間的に負担が大きいので、近距離の眼科で対応してもらえるか確認しようと思う。

eye-danmen

QOLの低下

くろねこのさんの記事 祭りの後症候群より

”そして今、「来年もこのお祭りをこの眼で見ることができるのかなぁ」と考えている自分。将来視力を無くしたら、と考えると目の前の景色がすべて愛おしくて寂しくて切ない。”

とても胸が苦しくなりました。自分も同じように考えた事があるからです。大幅に見え方の質が落ちてから残りの人生の時間について今までとは比較にならないくらい考えるようになりました。

“現在でこの視力だから今後10年でさらに低下するだろうしその時には景色もまともに見えなくなって、生活が困難になっているだろうな…その時にはどうしようか…”等と考える事があるからです。

良くネットで”レーシックで失明はしない” 等というコメントを見て悲しくなりますが、問題は失明うんぬんでは無いのですよね。

眼の構造を考えると確かに角膜の実質層をレーザーで焼いて屈折力を調節するというレーシック手術で、光が網膜に完全に届かなくなる可能性は低いかもしれません(銀座眼科の事件については別)。

しかし、圧倒的に多数のレーシック難民/潜在難民は視力/見え方の質の低下から起こるQOL(Quality Of Life:実生活の質)の低下に悩んでいます。そしてそれが一般に公表されておらず、情報格差を利用した極めて不健全な営利目的の一方的な医療行為が”患者の自己責任”という名の下に行われています。QOVの低下 => QOLの低下 => 寿命の短縮 に直結しています。

もちろん様々な症状の人がいて 染井さんのように過矯正になったり、くろねこさんのように原因不明の眼の痛みに襲われて日常生活すら行えなくなっている人もいれば、私のように見え方の質の大幅な低下から運転等に制限が出てしまう、日常生活で見えなくて常にストレスを感じる人もいます。
個人的には私より後遺症が軽度で日常生活は問題ないものの、見え方の質が落ちて後悔、レーシックしなければ良かったというプチ難民層が一番数では多いのかなと思います。

総じて圧倒的にレーシック手術でQOLが低下する例がこんなにあるよ、日常生活すらまともに過ごす事が不可能になる可能性もありますよ という事実が全く公表されていないのが問題ですし、厚生労働省も社会における認識もまだまだ”レーシック難民? なにそれ美味しいの?” みたいなレベルです。 

難民層、プチ難民層の人達が結集する必要があると強く思います。ネット署名なのか食べログ的なサービスなのかまだわかりませんが、声を結集することが必要です。

レーシック訴訟

裁判所

レーシック訴訟

日本では先のエントリ レーシック難民と訴訟やくろねこさんの なぜレーシック後遺症患者が訴訟を躊躇するのか、の私的考察 (1) @ Level 3.5  で紹介したとおり患者側にとって圧倒的に不利と言われる事の多いレーシック訴訟ですが、米国での例を見ると個人的には業界に自浄作用を促す判決が出ているようなので、ここでご紹介。

こちらのTODD J Krouner法律事務所のウェブでレーシック訴訟についての挑戦と問題 という内容から抜粋、意訳です。

LASIK Eye Surgery: Litigation Challenges and Issues

n July 2005, a Manhattan jury awarded an investment banker $7.25 million in Schiffer v. Speaker, where the author represented the plaintiff. The doctor was found negligent in screening the patient, who had pre-operative FFK.

2005年7月 マンハッタンの陪審員は投資銀行員 Schnifferさんに$7.5M(円換算$1=100円で7億5000万円)の損害賠償金を得る評決を下した。医師は術前の角膜拡張症を持った患者をスクリーニングする件においてネグリジェント(注意義務違反)したことが認められた。

Prior to the Schiffer case, a pilot was awarded $3.4 million for post-LASIK visual complaints. Post v. University Physicians, Inc., 2002 WL 32832041 (Ariz. Super. 2002).

Schifferさんの訴訟より前に、パイロットが$3.4M (円換算$1=100円で 3億4000万円)を損害賠償で得た。(これはおそらく先のエントリでご紹介したユナイテッド航空のパイロットの件と推測しています。)

Multimillion-dollar verdicts have made LASIK surgeons less aggressive in operating on patients whose screening is suspicious for FFK. In 2005, in response to the Schiffer v. Speaker verdict, several ophthalmologists wrote and published an article in an attempt to reset the standard of care. Binder, P, Lindstrom, R, et al., “Keratoconus and Corneal Ectasia After LASIK,” Journal of Refractive Surgery, Nov/Dec 2005, p. 749.

数億円にのぼる損害賠償評決の結果 レーシック医師達はFFK(円錐角膜)の可能性がある患者へのオペについてそれまでより保守的になり、the Schiffer v. Speaker の評決(判決)の後、複数の眼科医たちが業界の治療標準の見直しを行おうと記事を発行した。“Keratoconus and Corneal Ectasia After LASIK,” Journal of Refractive Surgery, Nov/Dec 2005, p. 749.”

この判決の額 手術結果の重大性考慮すると妥当だなというのが個人的な感想です。そして何よりこういう判決が無謀なレーシックを行う抑止力になり、業界紙などで新たなガイドライン設定を試みる等自浄作用が働いているという点でとても意味のある判決だと思います。

日本でも医療裁判において裁判員裁判が導入されればかわるのかな。

説明義務違反の範疇になんでもかんでも押し込まれて、重大な後遺症背負わされて数十万円の賠償金とか全く納得が行くわけがない。
日本とアメリカで賠償額がここまで大きくかわってくるのは何故なんでしょうか? 詳しい方がいればコメントください。

角膜の屈折力

角膜の屈折力

レーシックしてからというもの、近くから遠くを見る時にピントがあうまで2秒以上かかっている。今日は疲れてたせいか特にその症状が顕著にでた。

眼とカメラ

こちらの内容によると眼の屈折力の2/3は角膜がもっており屈折力は約60Dということだが、その角膜が削られたせいで水晶体が頑張っているが間に合わず遅れているのだろうか? レーシック直後はそういうことがおこると聞いていたのでそのうちなくなると思っていたが9ヶ月たった今も症状は改善されていない。

また暗順応、暗いところから明るいところへの順応も異常に遅い、見えるようになるまでに2秒程度かかることもある。

運転していてトンネルに入るとき、地下駐車場に入るときには特に注意をしている。

強度近視がレーシックに不適合なのは切除量が多くなってこの屈折力が失われることも理由のひとつなのだろうか? 知っている人がいれば教えてください。

またピントがあわないことが多く眼が疲れるのだがそれが下記のCM動画の6秒前後のところにそっくりだ

プリズムレンズ眼鏡 3日目

プリズムレンズ眼鏡 3日目

朝から死んだ脳で起床、仕事にむかうも、もう無理 はきそう。。。。 になったのでプリズムが入っていない元の眼鏡を使用中。
やっぱこっちが楽だ。脳は死んだまんまだけど。。。

プリズムレンズ、これは慣れる事できるのだろうか。。かなり無理そう。
昨日昼間一日つけていたら夜には完全に徹夜明けの頭が働かないような状態に。。。

Shu Kumedaのフレームかっこよくて気に入ってるし、コントラストも良いのだが。。。。。。。。 高かったけど、前回もShu Kumedaを初めて買って感動的にフィッティングが良かったので今回もShu Kumedaにしました。

フレームの裏側がハラコ柄なのがかわいい。

shu kumeda

NEW MODEL

サイズ 55□17-135
カラー BKM, BR, DGR, TI, RE
マテリアル F:純チタン、βチタン
T:アセテート、純チタン
レンズC 3C
31.0/56.0
希望小売価格 42,000円 (税込)

自腹なのが痛いが背に腹はかえられぬ Orz