消費者庁がレーシック被害調査開始

消費者庁がレーシック被害調査開始

だいぶ更新が遅くなりました。消費者庁がレーシック被害の実態把握のために調査を開始しました。 勿論被害レポートを提出した私のところにも同様のメールおよび手紙が届きました。以前こちらのエントリの通り 国民生活センターのトラブルメール箱 から同様の手続きをしましたが、再度レポートしてくれとのことですので対応します。

染井さん黒猫さんのブログでも告知されています。

まずは届け出を出さないと被害自体が「無かったこと」になってしまいます。

是非この機会に、レポートしていただければと思います。10分程度で完了します。

これまでレーシック後に不具合を感じているけど、医師が高圧的な態度で接してきたのでレポート出来なかった方、日常生活には特別問題はないけれども軽度の後遺症を患っている方など、皆さんの声が行政を動かす力になります。

【これから被害届けをだされたい方】

被害通報先

1.お電話での被害通報先

消費者庁

0570-064-370

2. Eメールでの被害通報先

国民生活センター

 

下記くろねこさんのブログからコピペ 消費者ホットラインに電話での被害届けの出し方

=============================

届の出し方は、消費者ホットラインへ電話をするだけです:

消費者ホットライン
0570-064-370
(電話するとお住まいの地域の消費者センターにつながります)

電話の内容ですが、単に下記の点をお話するだけです。
1.手術を受けた時期
2.クリニック名(あれば住所と電話番号も)
3.どのような点が不適切でないと感じたか
4.術後の後遺症はいかなるものであるか、そのせいで何が起こったか
5.それを病院に訴えた時の反応
6.後遺症発生後、どのような治療を行ったか、どの病院へ受診したか
7.自分の電話番号と住所
8.名前(伝えても伝えなくともよい)

================================

たったこれだけで皆さんの後遺症が行政に認識されます。10分程度の時間で完了すると思われますので、ほんの少し皆さんが勇気をもって行動していただければ難民としては嬉しいかぎりです。

三谷議員のブログコメントが100を超えている件

三谷議員のブログコメントが100を超えている件

サーフパラダイスのバリから昨日帰国しました、帰りの便もビジネスクラスにフリーアップグレードしてくれて快適でした。

三谷議員のブログが炎上しているようですね。 詳しくは染井さんのブログから。 他のエントリにはコメントがほぼついていないのに対して、今回の

については100件越えのコメントがついています。改めて少しずつこの問題が表面化する方向に前進しているのを確信できました。

今回収集された情報については個人的にはまだまだあくまで氷山の一角にしか過ぎないと考えています。既に数十件を超える情報が集まっているのですから是非行政として被害情報の収集を行っていただきたいところです。

カネボウと大手レーシッククリニックの対応の差が酷過ぎる件

でも書きましたが、眼科学会に自浄能力があるとは思えないので是非行政として対応していただかなくてはなりません。 そのためには被害者の皆さんの情報提供が一声一声が重要になります。少しだけ勇気をもってレポートしていただければと思います。

 

 

 

 

最近読んだ医療訴訟関係の本

最近読んだ医療訴訟関係の本 2冊

医療訴訟の「そこが知りたい」 個人評価 2.0 (5段階評価 5が最高)

医療訴訟 そこが知りたい

医療訴訟のQ&A 個人評価 1.5 (5段階評価 5が最高)

医療訴訟Q&A

 

いずれも簡単なQ&A本ですが、医療従事者側の視点からしか書かれてないのとあまりに色んな案件があるので余りレーシック訴訟と共通項を見つけれなくて参考になりませんでした。(医療従事者側からするとそれなりに参考になる本なのかもしれません) 一応簡単な医療訴訟件数の推移&ADRの調停件数とかはあるのでトレンドは理解できます。

医療訴訟に関して患者側の視点から書かれている本ないのかな? アマゾン見たかぎりだとみつけれなかった。

どなたかおススメの本があれば教えてください m(_ _)m 

しっかしハロが強烈でテラスハウスが見にくい (T T)  暗いシーンが多いのであのドラマはハロが強烈に発生する。最近唯一見てるテレビ番組なんですが、もうワッフルワッフルとかしたいんですが、見づらいのなんのってウオーってなってしまいます。

明日は朝スーパー朝一(4時30分起き)で湘南にて入水してからの羽田空港に直行します。2週連続!

 

レーシック難民になったと思ったら

レーシック難民になったと思ったら

honda

自分がなった時には完全にテンパってしまい色んな眼科をかけづりまわったり、弁護士をまわったり、どこに行けば同じ症状の被害者に会えるかもわからず、迷走して正直時間も労力も使いました。

そこで新規に不幸にもレーシック難民になってしまったと思われた方向けに対応方法を共有できればと思います。

■クリニックへの対応
怒りが爆発するのはマリアナ海溝よりも深く理解できますが、冷静に対処しましょう。

1.カルテの全カラーコピー取得(診察時の問診票含む)
2.もらえるものは貰う(眼鏡作成費、コンタクト、目薬等)
3.弁護士の介入をほのめかさない
4.問題発生後の診察の録音
5.合意書には絶対に簡単にサインしない
6.高圧的、脅迫的な行為に屈しない

1.カルテの全カラーコピー取得(診察時の問診票含む)  
ですが角膜トポグラフィーをみるためにはカラーコピーでないと見れないためです。また診察時の問診票の回答も裁判などで使える(例:夜間の運転良くするなのに、グレアが出る可能性の強い手術を行われる等)可能性があるので取得しておきましょう。

カルテを改竄される可能性もありますのでできるだけ早い段階でカルテの全コピーを取得しましょう。クリニックによって費用が発生する場合もありますが、大事の前の小事なので目をつむって取得しましょう。その時に不必要な嫌がらせをうけないようにできるだけ冷静に取得しましょう。

2.もらえるものは貰う(眼鏡作成費、コンタクト、目薬等)
問題が発生してもクリニックは当初できるだけ穏便に問題を解決しようとするところが多いようです。なので眼鏡やコンタクト代についても出してくれたりするところが多いので貰える物はもらいましょう。クリニックも裁判になると判断するとそういった治療や補償もストップすることが多いです。

3.弁護士の介入をほのめかさない
クリニックが最もおそれているのは訴訟やウェブで悪評がたつことです。弁護士を介入させるということをいうとクリニックも完全に臨戦モードになり、治療やサポートについても打ち切るところがほとんどなので。弁護士には相談しつつもクリニックには決して相談しているということを言わないようにしましょう。

4.問題発生後の診察の録音
できるだけ診察時には怒りを抑えて、淡々と事実を指摘し、担当医からの失敗を認めさせその内容を録音するのが良いと思います。

できれば勿論術前から診察内容を録音しておくのが良いのですが問題発生時から録音しても十分役にたつと思います。 
ちなみに私はこれを使用しました。ポケットに入れてても問題無く録音できました。

オリンパス ボイスレコーダー

ボイスレコーダー

5.合意書には絶対に簡単にサインしない
被害者の方の中には、相当な過失がクリニックにあるにもかかわらず、ひどい条件でクリニックから提案された合意書にサインしてしまっている人が多くいるようです。後から訴訟することは可能ということを弁護士からも言われていますが、不利に働くのは間違いないので絶対に安易に判断せず、弁護士と何度も打合せして熟慮される事をお勧めします。私も合意書を提案されましたがサインしていません。

6.高圧的、脅迫的な行為に屈しない
事務局から一日に高圧的な態度で一日に10回近く電話がかかってきたり、幹部医師等から威圧されたりされた方が多くいますが冷静に対処しましょう。クリニックもトラブルになっている患者との対応については録音している可能性が高いので、威圧的な態度を取られても挑発にのることなく冷静に録音して対応しましょう。

■実際の治療で行く眼科

こちらのページにレーシック難民 御用達病院のページを追加しました。尚当然ですがレーシッククリニックではきちんとした治療を受けれる可能性は低く(そもそも後遺症の存在を認めない)、難民の皆さん別の病院にて治療を受けられています。

(慶應大学病院、東京医科歯科大学病院、梶田眼科、糸井眼科、よしづ眼科等)

もっと良い病院がありましたらお知らせください。

■弁護士への相談
レーシック難民は眼科グルグルの後 弁護士グルグルにもなりがちです。

こちらのエントリで特集したとおり中には証拠保全費用および調査費用目的で受任して、その後放置したりする弁護士もいるようなので、きちんと信用できる弁護士かどうか見定めましょう。所属の弁護士会に連絡して確認するのも方法のひとつです。

私の場合は医療問題専門の弁護士事務所にも電話しましたが、ウチでは手に負えないと言われ、医療問題弁護団に相談しています。

医療問題弁護団については銀座眼科の事件に関しても担当しておりレーシック訴訟の経験値が多少は他の弁護士事務所よりあると考えています。

ここのファームはレーシック訴訟強いよ というのがあればお知らせください。

■行政への通報
行政も統一された窓口はありませんが現在下記の2つが有力なようです。弁護士の斡旋も行ってくれます。

独立行政法人 国民生活センター トラブルメール箱

消費者ホットライン
0570-064-370

■レーシック難民を救う会
こちらのサイトです。

コミュニティに参加すると様々な治療法の情報共有等が行えますしお互い励ましあって元気づけられます。

以上簡単ですがレーシック難民マニュアルでした。皆様が一日も早く難民卒業される日が来ることを祈念します。

国民生活センターと消費者庁

国民生活センターと消費者庁

今日は以前のエントリで紹介した国民生活センターのトラブルメール箱に投稿した内容について詳しくききたいと国民生活センターから電話がかかってきた。

消費者庁に国民生活センターから重大事故として通報したところ消費者庁がレーシックトラブル先進案件として診断書がほしいとのこと。 後日送付しようと思う。 既に私の場合相談している弁護士がいますが、各弁護士会への紹介なども国民生活センターから行ってくれるようです。

レーシック後遺症で悩んでいる人は トラブルメール箱に投稿(通報)しましょう。色々と力になってくれますよ。ウェブから投稿するだけ5分ですみます、簡単です! 

こちらからどうぞ! 国民生活センター トラブルメール箱

国民生活センター「レーシックトラブルの先進案件として扱いたいという話がありまして」

これを聞いて「先進案件?」やっぱり!と思いました。全然やはりレーシックトラブルが通報されてないし、国民生活センターという窓口もしられていないんだなと思いました。確かにこのウェブのUX悪い Orz..投稿ページにたどり着くのに結構大変でした。

こんな無料で力になってくれる組織があるのだから積極的に活用したい。

いつ投稿(通報)するのか!? 今でしょ!

今でしょ