点眼薬副作用について

点眼薬副作用について

調節麻痺剤の長期投与について くろねこさんのブログコメント でくろねこさんと元眼科医匿名さんの間でやりとりがされています。

自分もミドリンを眼の調子が悪い時に時々投与しています。

眼圧上昇のデメリットについて以前から把握していたので、どうしても視界が暗過ぎる時、ピントがあわない時に限定して使用しています。

ミドリン 等の点眼薬についてはこちらの Q-LIFEお薬検索 で副作用を含む情報を得られます。

医師が副作用について十分に説明することなく処方する事も多いようですので、医師に言われるままではなく、患者も自ら自分の治療に積極的に参加して判断することが必要なのだと思います。

Q LIFEは医療従事者側にたったウェブサービスなようですが、もっと Patients First! (患者第一)なウェブサービスがほしいなぁ

眼科巡り終了のお知らせ

眼科巡り終了のお知らせ。眼科をクローラのごとくグルグルとまわっていましたが一旦新規開拓終了します。

mac_shutdown_01

くろねこさんが眼科巡りについて次の一件でしばらく新規開拓については休止する旨ブログで書かれていますが私も眼科巡りについては一旦終了としています。

私も 特注ハードコンタクト、通常のハードコンタクト、ソフトコンタクト、プリズム眼鏡、通常の眼鏡、眼のまわりのマッサージ、目薬(サンコバ、ミドリン等)、サプリメント等色々と試しましたが、日常生活において見え方が問題無いレベルまでは回復しませんでした。

時間も労力もお金もかかるので、これ以上の眼科開拓は自分を消耗させてしまうだけだと思ったので、眼科巡りは一旦終了です。

今後新たな治療法、例えば高次収差を吸収することができるカスタムオーダーソフトコンタクトレンズ等が出てきた時には積極的に試したいと思いますが、それまでは現状のこの眼とうまくやっていく付き合い方を模索しようと思います。

現在行っているのは

  1. 十分な運動と睡眠(運動後は見え方が改善する)
  2. ソフトサンティアを大量使用(多いときで30分毎、屈折力補助)
  3. 部屋の電球取り替えと追加電気スタンド +ペンライト(見えにくい環境をせめて自宅では無くす)
  4. 複視が強く出た時には無理せずすぐに寝る
  5. ピントがあわなくなってきたらミドリン使用して寝る
  6. 人の顔や暗がりでのライト等、見づらいところを見ようとしない。昼休みは必ず外に出る等(意識的に見やすいものしか見ないようにしています、黒や紺色等の色の区別がつきにくい服をあわせて着るのを避ける等)

すごく単純ですが、気持ち的には上記をするだけで大きくかわります。特に6の見えないところを見ようとしないは自分の中では重要で、単眼複視とハロをなるべく意識しないように夜間外に出る時等はライトで照らされている明るい通りの地面を見るようにしています。(遠くを見るとライトや建物が眼に入り、輪郭がぼやけ、スターバーストと複視が大きく出てしまうので、ライトに照らされた近くを見る方がストレスが無い)

海外出張の飛行機の中で映画をみることが好きでしたが、現在はハロでストレスだらけになるので、本を読んで仕事して後は寝ています。とにかく見づらいストレスMAX状況になる前に寝るを心がけています。 飛行機の時間の関係で朝4時起きとかで空港に向かうとスターバーストがとんでもないことになるのですが、こういった避けられない事態以外はなるべく見ないようにすることでストレスを多少なりとも軽減する方法を覚えました。しばらくは治療よりもこの眼との付き合い方にエネルギーを使おうと思います。

勿論治療の道を諦めたわけではありません、あくまで一旦治療は一休み。

希望ゼロにしてしまうことはまだ受け入れられません。

安西先生

 

特注ハードコンタクト 3

特注ハードコンタクト 3

眼に余裕の有る時はできるだけつけるようにしてるレーシックトラブル用ハードコンタクトですがやっぱり遠方視力もうちょっとほしいのと装用感がやっぱりきつい。 あと装用時と外した後に乱視がのこってしまうのが気になる。 全ては慣れなのかな。 慣れれる気がしないが…

ソフトコンタクトが強めに設定されすぎているので調節麻痺が起きているというのと、金曜日で肩こりが限界に達したのでまたミドリンの点眼を寝る前に久々に行ったら肩こりが軽減した。

やっぱり、今しているコンタクトは過矯正気味なのかな。一時的な視力を優先するか長期的な眼の健康を優先するか。因に現在の裸眼視力0.06(レーシック後)。 健常者にも効くんだったらウェブ開発者の人の肩こり対策にはおススメかもしれない、副作用ありますが。

TGIF! 明日から週末! サーフィンしにいくぞ! サーフィンが一番の向精神薬かつ眼睛疲労回復という自分でも全く予想してなかった展開ですが。

ベトナムのダナンに出張した時、滞在ホテルの目の前がポイントでホテル内にサーフショップまで入っている自分には最高のホテル。
食事も最高に美味しく、部屋も広かった。また行きたい。 ちなみにここは映画 地獄の黙示録で米兵がサーフィンしてたポイントからすぐそばだそうです。 ホテルの前は当然貸切サーフできました。初めてのポイントで一人だったので怖かったくらい。ジャンク気味でしたが腹くらいでフィッシュで楽しめました。

furama

Furama Resort, Danang, Vietnam

IMG_2461

IMG_2518

IMG_2560

IMG_2450

ハードコンタクトの度数

ハードコンタクトの度数

現在特注のハードコンタクトを使用しているが見え方が良くない。装用感はなんとかなっている。外すのがまだ難しいけど。

問題は遠方視力が出てないのと乱視が強調されている。

処方箋を受け取ってなかったので電話で確認するとソフトコンタクトと比べると度数がかなり弱い、半分以下

どっかの求人広告のように「え 私の度数 弱すぎ」っと思ったのだが 

こちらのブログによるとBCが大きくなると涙液がレンズと眼の間に入りレンズの役割をするためソフトコンタクトや眼鏡とは度数が異なるということ。

以下抜粋

“一例として、
『BC 795 P -3.50』は、
『BC 800 P -3.25』とだいだい同じとして換算されます。”

とのこと自分の場合涙液の量がかなり少なめと言われた事があるのでそれが影響してるのではと推測。

もっとレーシックトラブルについて日々勉強したいのだが体系だてられて知識がついていなのと、断片的にしか情報が見つけれないので知識の入りが悪い状態が続いている。それに大学病院で診察してもらったカルテの見方も正確にわかってないし、納得もできていない。

Amazonで探しても”これでわかる、レーシックトラブル対応方法”なんてものないし。

難民救済している眼科医とかが書いてくれればいいのに。ぶっちゃけ3万円くらいしても買うよ。是非電子書籍でお願いします。

とにかく少しでもまともな視界を取り戻したい。

ハードコンタクトで乱視が発生する理由 (推測)

特注ハードコンタクトで乱視が発生する理由

先日プリズム眼鏡を作成してくれた眼鏡士さんの話だと、通常角膜乱視が発生していた場合はそれを打ち消そうとして水晶体乱視が発生、発達するらしい。通常の所謂乱視があるという状態はこの2枚のレンズの乱視の総和が+-ゼロになっていない状態ということ。 

いいかえれば角膜、水晶体に乱視があっても それを打ち消す方向に水晶体が発達して最終的に総和がゼロであれば乱視が無い状態であるということ。

レーシックトラブル用ハードコンタクトだと、角膜乱視が矯正されているのだろうが、おそらく水晶体乱視が強調されてでてしまっている可能性があるらしい。フィテッィングさえどうにかなるのであれば、通常のハードコンタクトの方が涙が入って屈折力調整してくれていいかもしれない。

ハードコンタクト作り直しかなぁ……また遠くまで行って激混みの眼科に行かなくてはいけないと思うと気が重い やはり一筋縄ではいかないわ。。。

頻繁に通っているので距離が遠いとかなり肉体的、時間的に負担が大きいので、近距離の眼科で対応してもらえるか確認しようと思う。

eye-danmen