カネボウと大手レーシッククリニックの対応の差が酷過ぎる件

カネボウと大手レーシッククリニックの対応の差が酷過ぎる件

染井さんのブログでも取り上げられていましたが、カネボウの美白化粧品で皮膚がまだらに白くなる健康被害が出たそうです。

被害者の方には気の毒に思いますが(使用を停止すれば回復するという報告のようです)、今回のカネボウの対応みると遅かったとはいえ、まともな対応だと思いました。これがまさに「誠意ある対応」ではないでしょうか。

まとめると

  • 消費者庁にカネボウ自ら被害レポート提出
  • 自主回収
  • 社内に夏坂真澄社長を本部長とする「ロドデノール対策本部」を設置。
  • 日本皮膚科学会の協力を得て、原因究明や治療方法の早期確立を図る
  • 全国に専任担当者を50−150人規模で配置
  • 医療費などを過去分も含めて回復まで負担するほか、慰謝料は実態を確認後に基準を定めた上で、回復時に支払う方針
  • 社長コメント 夏坂社長は「大変重く受け止めている。完治するまで対応するのが責任」

何故同じことができないレーシッククリニック!何故厚生労働省はレーシックだけ放置してるの?

と思うのは私だけでは無いと思います。

現にこちらでは

”消費者庁へのレポートは2件から37件に増えた”とあります。この程度の件数で行政が動くならレーシックも動いて良いはずです。

実際に消費者庁にもレーシック被害レポートは相当数たまっているはずです。当然私も提出しましたし、他にも周りで提出した方を知っています。

まだ提出してない方はこちらから被害報告しましょう。ここからカネボウの時と同じように事態が動く事も十分あり得ます。

被害通報先はこちらから

お電話での被害通報先
消費者ホットライン
0570-064-370
消費者庁
 
Eメールでの被害通報先
国民生活センター

視力という人間の情報の9割を取り入れる最重要機能が不良医師による極めて悪質な手術で深刻な後遺症が残っている人が大量生産されているのに、この対応の差は理解しがたいです。

今回女性としては2人目として次官に就任された

厚生労働省事務次官 村木 厚子さんに期待したいです。レーシック問題に対して行政として公平に取り組んでもらいたいものです。

厚労省のクリニックへの天下りなどのしがらみはあるでしょうが、

レーシック症例数や効果の過大広告、インフォームドコンセントの欠落等 医療機関とは到底よべなくなっている、レーシッククリニックに対してまっとうな行政処分を期待します。

 

くろねこさんの眼科訪問記

Xクリニックにて3年目の検診と再度カルテ入手 @ Level 4.0

内容の意訳は染井さんがこちらにて

以下染井さんのブログより抜粋

==============================================================

やりとりの簡易まとめ

  • 遠方視力(5m)1.5、近方視力(?)0.2~0.3(※ 近方視力1mなのか50cmなのか33cmは不明)
  • 間歇性外斜視と診断(ズレ幅不明)
  • 斜視に関しては年齢の低下によりいづれ出ると主張(レーシックとの関連性は否定?)
  • 術前に遠方視力よりも近方視力が重要と本人が希望を出していたにも関わらず、考慮されなかったことに関しての返事無し
  • ドライアイはフラップ作成時に発生する。その後は軽減するもの。だが持続する人もいる。現在クロネコさんに痛みが続く原因は手術前のドライアイや輻輳力の低下なのでは?と。続くがいまいち前後の繋がりがわからない。
  • ドライアイや痛みに対してレーシックの再手術は意味が無いと思われる

==============================================================

 

毎度のことですが、絶望ですね。

ひとつ思ったのがこれだけの状況に皆さんなっていてもまだ手術を受けたクリニックに通院してるというのが不思議でした。他の病院に行くのは経済的な負担になるからという経済的理由の方が多いのでしょうか? 私は術後3ヶ月程度で手術を受けたクリニックでの治療は完全に諦めました。

因にリグレッションが発生した後に視力検査で検査員がソフトコンタクトレンズを持ってきて、手も洗わないで

検査員「ここで装着してください」

と言われた時には耳を疑いました。

私「え、ここでですか? 手を洗って装着したいんですが」

検査員「え?手を洗いたいんですか。えーと どこにあったかな」

そして通されたのは給湯室のような場所のようなシンクで電気もついてない場所

どこの眼科にいってもコンタクトレンズ装着するための手洗い場があるものですが、給湯室に通された時は怒りを通り越して呆れ返りました。

 

またそもそも私の場合は某クリニックの提示された合意書のサインを断った段階で、顧問弁護士が介入して、そもそも治療(目薬の提供等)が保障期間中であるにもかかわらず、治療自体が拒否されている状況です。 先方いわく

「本案件が解決したあとで,当院による加療継続が決定し,診察の中で,当院医師が必要と判断した場合においては,適切に対応致します。」

本案件の解決した後? はいはい

「まずは提示した合意書にサインしろ、じゃなきゃ治療はしねーぞ」

ということですね。まぁサインしても

「当院医師が必要と判断した場合においては、適切に対応致します」

って中々笑えますね。これでサインしてしまったら

「もう完璧に見えているはずなので問題ありません。以上治療は終了です」

という展開も十分ありえる、というか既にそういうケースの被害者の方も結構な数いるんじゃないでしょうか? |ω・`)チラ

当然そんな事をいわれたところでサインするわけもなく、他の眼科を巡り巡って治療諦める  <= イマココ なわけですが

やはりクリニック名と医師名、治療法を直接だして評価できるウェブサービスが欲しい。自分がやるしかないのか  (;゚д゚)ゴクリ…

まずはストップレーシックから会員登録していただければ。ポチッとな

 

 

最近読んだ医療訴訟関係の本

最近読んだ医療訴訟関係の本 2冊

医療訴訟の「そこが知りたい」 個人評価 2.0 (5段階評価 5が最高)

医療訴訟 そこが知りたい

医療訴訟のQ&A 個人評価 1.5 (5段階評価 5が最高)

医療訴訟Q&A

 

いずれも簡単なQ&A本ですが、医療従事者側の視点からしか書かれてないのとあまりに色んな案件があるので余りレーシック訴訟と共通項を見つけれなくて参考になりませんでした。(医療従事者側からするとそれなりに参考になる本なのかもしれません) 一応簡単な医療訴訟件数の推移&ADRの調停件数とかはあるのでトレンドは理解できます。

医療訴訟に関して患者側の視点から書かれている本ないのかな? アマゾン見たかぎりだとみつけれなかった。

どなたかおススメの本があれば教えてください m(_ _)m 

しっかしハロが強烈でテラスハウスが見にくい (T T)  暗いシーンが多いのであのドラマはハロが強烈に発生する。最近唯一見てるテレビ番組なんですが、もうワッフルワッフルとかしたいんですが、見づらいのなんのってウオーってなってしまいます。

明日は朝スーパー朝一(4時30分起き)で湘南にて入水してからの羽田空港に直行します。2週連続!

 

医療過誤裁判

医療過誤裁判

千葉の南房総の海での楽しいサーフィンから帰ってきてブログを書いています。

帰ってきてたまってた洗濯物をして、本を一冊読みました。晴れた休日の午後に読むような本ではないのかもしれませんが、今の自分に必要な本です。

インターネットを使って医療過誤裁判やってます!

インターネット使って医療過誤裁判

実際にあった医療過誤裁判の記録です。末期癌患者(著者の母)に対して半年間の入院でカルテがわずか3枚、血液検査がたった2回、CTは全くなく、最終的に栄養失調になり死亡された事に対しての医療裁判の内容になっています。 注目を集めないと裁判自体の意味が小さくなるのと、被告(病院、医師側)の嘘を公開していくという目的でウェブサイトを作成され、裁判の提訴内容をリアルタイムアップデートしてくという当時では前例の無い方法で注目を集め、様々な医療関係者から励ましのメールをもらい、協力医もなんとウェブをみてくれていた方が名乗り出てくれています。 極めて残念ながら最高裁への上告が不受理となり、原告敗訴が確定したということです。判決文はダウンロードできなかった。正直この内容で敗訴することがあるんだ?という驚愕の内容でした。

また 「その同じ論法によると抗癌剤による化学療法による延命治療を拒否した控訴人こそ第一義的な殺人者に相当する」等 病院側の弁護士の品位もどうなのよ? と言いたくなる内容です。

US office 医療のページ

原告の海野さんの気持ちを考えるととても苦しくなります。また裁判前に弁護士に相談するも、証拠保全の費用だけとって後はのらりくらりと話をかわす弁護士にあってしまい弁護士が見つからない状態になるなど典型的な 医療過誤+弁護士見つからない2重コンボをくらっています。

私もきちんと返事をしてくれない弁護士「とにかく難しいんですよねー」としか話をしない弁護士にあたったことがあります。勿論他の弁護士さんで私の相談内容を聞くと、「うん、これは私じゃけっこうきつい(難しい)、まずは医療問題弁護団に相談してみたら」とはっきり言ってくれる方もいました。お互いに時間を無駄にしないで済むので、その方が誠意があると私は思いました。理由は私の推測ですが、協力医のネットワーク、バックグラウンドの基本知識の学習、裁判の労力と賠償金の金額(ひいては成功報酬)の小ささ等色々あるのでしょう。

この判決では今後もこのF村医師は今も医療行為を続けていると思うと、非常に恐ろしく感じます。やっぱり医師のウェブレーティングサービスが必要だなと強く思います。このような医療過誤を許さない、という姿勢を社会全体で打ち出す事が必要だと強く思います。

一応弁護士については 弁護士.com でランキングサービスがありますが医療サービスだとまともなレーティングしてるものが日本国内のサービスだと無いんですよね。これについては長くなるのでまた次回。

やっぱり良い弁護士も医師もきちんとユーザから評価されて、本当にダメな医師、弁護士はそのように評価されるべきですよね。

とりあえずビールのも。