集団訴訟をできるだけ早く行うべきだと考える理由

まずは染井さんのこのブログのエントリについて書きたいと思います。

子宮頸がんワクチンの副反応と国や医師会スタンス

ブログの指摘の通り、レーシックの問題と共通点が多いと思います。 ただこういった医療問題というのは今に始まった事じゃないと思います。近年の例だとやはり下記の2例が代表的でしょうか。

B型肝炎薬害エイズ問題

B型肝炎訴訟についての和解および補償内容については厚生労働省のHPでも紹介されています。全国B型肝炎訴訟団 のウェブでも紹介されています。

ここで私が注目したのが被害者数、提訴者数の規模です。(両方とも原文ママ)

薬害エイズ ”1800人がHIVに感染し、うち約600人以上がすでに死亡しているといわれる”

B型肝炎  ”全国弁護団における現在の提訴者数は8567名、和解者数は3411名です。(2013年6月27日現在)”

“集団予防接種による感染被害者数は、45万人程度とされています(基本合意当時の国の推計)。しかし、現時点の提訴者数は1万人にも達していません。”

どちらの事例も被害規模が甚大です。また両方とも直接原因で死亡例が多数あります。 個人的にはレーシックも同等レベルの被害者数があると推測されるものの、レーシックが直接的原因で死亡している例は無い(自殺は除く)と思われるため、どうしても対応が遅れている現状があると思われます。

しかし時代は上記2例発生時とはかわっており、急速に発達したインターネットの情報伝達、収集手段のおかげで以前よりも遥かに迅速に問題が顕在化させることができるようになっているわけですから、それに対応して行政も規制対応等をしていってもらいたいものです。

 

以下はできるだけ早く集団訴訟を今行うべきだと考える理由です。

(※下記は全て私の個人的見解です。私自身は法律のプロフェッショナルではありません、また私の相談した法律家の意見ではありません)

1.問題提起と被害拡大防止

上記のように情報収集はしやすくなっているわけですが、現状ではレーシック被害は野放しになっているわけですから、やはり被害者が団結して積極的に法的手段で訴えて行くしか方法は無いと思われます。逆にいってしまうと声をあげなければ、上記レベル(数百人が直接的原因で死亡)の被害が出ても誰も責任をとらず、国も対応しない状況が続きます。

「集団訴訟して初めてレーシックに問題があることが認識される」

ということだと思います。

2. レーシック後遺症の因果関係の証明

くろねこさんのブログにある通り2年が目安 時間がたてばたつほど因果関係の証明は困難になります。

3.集団訴訟は世論を盛り上げる方法だが訴訟自体に時間がかかるため早ければ早いほど良い

また何度か他の被害者の方と世論の盛り上がりを待つという意見も聞きましたが、そもそも医療過誤訴訟には一般的に数年以上かかってしまいます。集団訴訟となればそれ以上に長引く事がほとんどのようです。(集団訴訟とは厳密な法律用語ではなく、審理を共通にできる部分を共通に審理し、他については個別に審理されるため)

またB型肝炎訴訟のように国の責任が認められても、被害者全体の救済については国•厚生労働省が拒否される場合があり、その場合さらに裁判期間が長くなる可能性が有ると思います。  B型肝炎訴訟とは

今回 ”被害レポート”が収集されたのはその一歩だと思いますが、法的手段による解決以外では補償等は望めない以上(黙っていても国もクリニックも補償してくれない) まずは集団訴訟ありき そうして裁判が進むにつれて被害実態とクリニックの対応等がマスコミに報道され初めて少しずつ世論が高まると考えています。

4.医療賠償責任保険の限度額とクリニックの倒産リスクで裁判の更なる長期化

最近ほんの少しずつこの問題が明るみに出てきていますが、集団訴訟を含め世論として逆風がふき始めると新規顧客が激減する事が予想されクリニックの倒産リスクが発生すると考えています。また仮にクリニックに対しての民事訴訟で勝訴した場合、クリニックが倒産しなくても医療賠償責任保険の限度額を原告の人数が増える事により大幅に超えてしまうケースも考えられます。

いずれにせよその場合 被害者全体の救済を求めるのであれば、厚生労働省•国に対する訴訟へと移行していくしかないのだろうと思いますが、時間は更にかかってしまう事が予想されますので、やはり集団訴訟が最初にきて経過とともに世論が盛り上がるというのが流れになるのだと思います。

というのが現時点での私の結論です。

ほんの少しだけ世の中を良い方向に変えてみませんか?

集団訴訟に向けて興味のある方はこちらまでご連絡ください。 stoplasik@gmail.com ストップレーシックの会

季節と運動と眼の調子

バタバタしていたので久しぶりの更新です。最近の症状をマトメます。

夏になって湿度も上がり、運動量も増え(サーフィンの回数が増えている)、突発的な複視を除いて、ここ最近は眼の調子が良かったです。

また日が長くなっているので、ストレスを大きく感じる夜の時間帯が短くなっているのも要因のひとつだと思います。

やはりサーフィンした次の月曜日の眼の調子が良い事を再確認。単眼複視も少しは落ち着きます。スターバーストも若干だけ小さくなる気がします。

しかしやはり涙の量が減っているのでしょう、エアコンつけっぱなしで寝るとレーシック前はなんともなかったのですが、目が全くあかないほどカピカピに乾燥しています。なので起きてすぐにソフトサンティアを大量投下して一日が始まります。

以下 先週気になった後遺症の一部(特にピント機能)です

  1. 距離の調節機能                             ピントの調節機能の問題は依然残っていて、手元のスマートフォンを見てから10メートルくらい先を見るとやはりピントがまともになるのに2秒程度かかります。(以前のようにきちんとピントがあう事がレーシック以後なくなりました。斜視、単眼複視、不正乱視が原因と思われます)
  2. 輝度の調節機能                             夜家に帰って電気をつけた瞬間(暗い状況から明るくなる)も同様にピントがあうまで数秒かかります。角膜の調節力がなくなった分を毛様体筋が頑張って調節しているものの追いついていないのでこのような症状(ピント調節機能不具合)が出ているのではないかと推測しています。
  3. 矯正視力の低下       先週はカンファレンスでしたが、-2.5D のソフトコンタクトをして最前列の席でプレゼン資料がようやく見えるかというレベルです。文字が滲んで読めない事が多いです。
  4. 斜視による?両眼視機能の低下                      またプレゼン資料にピントを併せても、強く意識していないとポロっと自然に焦点が外れてしまいます。ここでの焦点は両眼視での焦点という意味で、レーシック後発生した外斜視が影響していると思われます。PCのモニターを見ているときは更に症状が顕著です。
  5. 対応策  夜だけでなく昼も含めて常時ピントがあわない状況が続くと視界全体がさらに暗くなってくるので、ミドリンを点眼して睡眠をたっぷりとるとピント調節機能が若干改善する気がします。カンファレンス時には眼に良くないとわかりつつも過矯正ソフトコンタクトを使用しています。どうしても見たい時には更にソフトコンタクトのうえからー2Dの眼鏡をかけてます。そうすると瞬間的に読めることがあります。 カンファレンスだと会場全体が暗いなか、ライトがあるので、ハロ、スターバーストが強調され、暗所視力の低下が顕著な自分には机にぶつかってしまったり、コードにつまづいてしまったりとストレスが多い環境です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

くろねこさんの眼科訪問記

Xクリニックにて3年目の検診と再度カルテ入手 @ Level 4.0

内容の意訳は染井さんがこちらにて

以下染井さんのブログより抜粋

==============================================================

やりとりの簡易まとめ

  • 遠方視力(5m)1.5、近方視力(?)0.2~0.3(※ 近方視力1mなのか50cmなのか33cmは不明)
  • 間歇性外斜視と診断(ズレ幅不明)
  • 斜視に関しては年齢の低下によりいづれ出ると主張(レーシックとの関連性は否定?)
  • 術前に遠方視力よりも近方視力が重要と本人が希望を出していたにも関わらず、考慮されなかったことに関しての返事無し
  • ドライアイはフラップ作成時に発生する。その後は軽減するもの。だが持続する人もいる。現在クロネコさんに痛みが続く原因は手術前のドライアイや輻輳力の低下なのでは?と。続くがいまいち前後の繋がりがわからない。
  • ドライアイや痛みに対してレーシックの再手術は意味が無いと思われる

==============================================================

 

毎度のことですが、絶望ですね。

ひとつ思ったのがこれだけの状況に皆さんなっていてもまだ手術を受けたクリニックに通院してるというのが不思議でした。他の病院に行くのは経済的な負担になるからという経済的理由の方が多いのでしょうか? 私は術後3ヶ月程度で手術を受けたクリニックでの治療は完全に諦めました。

因にリグレッションが発生した後に視力検査で検査員がソフトコンタクトレンズを持ってきて、手も洗わないで

検査員「ここで装着してください」

と言われた時には耳を疑いました。

私「え、ここでですか? 手を洗って装着したいんですが」

検査員「え?手を洗いたいんですか。えーと どこにあったかな」

そして通されたのは給湯室のような場所のようなシンクで電気もついてない場所

どこの眼科にいってもコンタクトレンズ装着するための手洗い場があるものですが、給湯室に通された時は怒りを通り越して呆れ返りました。

 

またそもそも私の場合は某クリニックの提示された合意書のサインを断った段階で、顧問弁護士が介入して、そもそも治療(目薬の提供等)が保障期間中であるにもかかわらず、治療自体が拒否されている状況です。 先方いわく

「本案件が解決したあとで,当院による加療継続が決定し,診察の中で,当院医師が必要と判断した場合においては,適切に対応致します。」

本案件の解決した後? はいはい

「まずは提示した合意書にサインしろ、じゃなきゃ治療はしねーぞ」

ということですね。まぁサインしても

「当院医師が必要と判断した場合においては、適切に対応致します」

って中々笑えますね。これでサインしてしまったら

「もう完璧に見えているはずなので問題ありません。以上治療は終了です」

という展開も十分ありえる、というか既にそういうケースの被害者の方も結構な数いるんじゃないでしょうか? |ω・`)チラ

当然そんな事をいわれたところでサインするわけもなく、他の眼科を巡り巡って治療諦める  <= イマココ なわけですが

やはりクリニック名と医師名、治療法を直接だして評価できるウェブサービスが欲しい。自分がやるしかないのか  (;゚д゚)ゴクリ…

まずはストップレーシックから会員登録していただければ。ポチッとな

 

 

レーシックから約1年

レーシックから約1年

あっという間でしたが現在の心境でいうと、

  1. この眼が自分のものであるということが信じられない
  2. 親を初めとする家族に申し訳ない
  3. レーシック医師に対する怒りは爆発

1.この眼が自分のものであるということが信じられない 

ですが、レーシック前とレーシック後で裸眼視力がほぼかわらない状態です。

勿論毎日眼鏡もかけてるし、コンタクトもしています。先日の測定結果で裸眼視力が0.04なので もともとの裸眼視力とほぼ同じでレーシックによる裸眼ですごすという当初の目的は一回もはたせず、ずっと眼鏡、コンタクトを使っています。むしろ持ち歩く眼鏡やコンタクトの数が増えてとても不便になりました。そして不便になるだけならまだしも矯正しても視力がでず、ダブルビジョン等の後遺症も改善しません。常に視界が暗く、不正乱視で全ての物が2重に見えて、さらに白いシャツでもハロが発生します。 服をデパートに買いにいってこないだは、試着室が暗くて見えなかったので、ライトの前に鏡を置いてもらいました。視覚障害者になったのを毎日実感させられるのですが、10分程度の手術でこれほどまでに全てが変わってしまったというのが1年たった今でも信じられないのです。

2. 親を初めとする家族に申し訳ない 

正直こんな気持ちになるとは思わなかったのですが、眼鏡やコンタクトをかけるだけで乱視もなく、完璧なビジョンを得る事ができていた正常で健康な角膜をこんな状態にして、心配もかけてしまって本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

3. レーシック医師に対する怒りは爆発

100万歩くらい譲って、この後遺症が突発的な地震など不可避な事故で医師の誠意とベストを尽くした医療行為の結果であって、問題発生後に真摯な対応があったならまだ私も1ミリくらいは納得がいくのですが、一番怒りが爆発しているのは確実に満足いく結果にならないのを理解したうえで、レーシックにGOをだした医師です。医師自身はレーシック不適合と言ってレーシック手術を受けず、一方で「-11D,-12Dの方にも全然手術しますよ、だから貴方は大丈夫なはずなんですよ」と言い放つその姿勢は医師としてという以前に人間としての 品位ゼロ でしょう。絶対に逮捕、医師免許を剥奪してほしい。

そして私だけではなく、多くの他の被害者の方が同じようにガイドラインに違反した状態でレーシックを施術され、とりかえしのつかない事態になっています。 このモラルハザードの背景には 「どうせ患者が訴えても勝ち目はないから、泣き寝入りするだろう => ならばガイドライン違反でもレーシックしてしまえ」 という暗黙知があると思います。 業績連動ボーナス等 医療従事者側のインセンティブの付け方が不可逆な手術に対してあまりに不適切な形でついているのも問題だと思います。

ストップ•レーシックの会 のウェブを作成しましたが、レーシック後快適だったら誰も週末や平日の夜中に何十時間も使ってウェブなんぞ作りませんし、眼科巡りも時間と金と労力かけてわざわざやりません。

日本人は本当に大人しいと思います。掲示板で

「レーシック難民ってなんでデモや集団訴訟しないの?」

という書き込みも良くみますが、少なくても自分自身は積極的に考え複数の弁護士に相談した結果 集団訴訟を呼びかけていきたいと考えています。

大切な角膜を極めて不当に傷つけられて後遺症が残っているわけですから、もっと日本人は怒って良いと思います。そしてそれが被害の拡大防止にもなると考えています。

 

素人がちょいとアンチ レーシックサイトを作成してみた

素人のオイラが ちょいとアンチ レーシックサイトを作成してみました。

まだまだプロトタイプ段階で最低限の内容しかありませんが、集団訴訟を含めた法的解決について検討するサイトというコンセプトです。治療法共有などについてもできるようにしていきたいと考えています。

ストップ レーシックの会

http://stop-lasik.net/

ツイッターもあります。

https://twitter.com/STOPLASIK

以前のエントリ 速攻でできるワードプレス構築方法 でレンタルサーバ + ワードプレスで作成した内容を書いていましたがそこから追加して写真を著作権フリーサイトで購入して$15程度の写真加工アプリで編集したくらいでコードはほぼ書かないで作成しました。 ちょっとだけテンプレのphp編集したくらい。

しかしながらWordpressのプラグインの充実具合にはおどろくばかりです。新規作成した投稿内容と連動させてつぶやくとか、1、2年前だったらTwitterのOauth勉強して そこからphp書いてっていう作業が本当にわずか10分で設定できる…… まさに破壊的イノベーション….    より自分が作成したい内容に集中できる アートの部分が重要になっている事を実感できます。

ツイッター用のかっこいいアイコンとか、サイトのロゴとか誰か作ってくれないかなぁーw |ω・`)チラ |ω・`)チラ

とりあえずここまで自分一人で作成しました。これからはRuby on Railsでサービス作るとかYou Tubeの動画に字幕つけるとか色々やりたいことあるのですが、おいおいやっていきたいと思います。

ここからは記事作成などお手伝いしていただける方も募集していますので、興味のある方は stoplasik@gmail.com までどうぞよろしくお願いします  (^^;

リンクも大歓迎ですので、ブロガーの方是非宜しくお願いします (^^;

 

※ 字幕つけたいと思っているのは下記の動画です。時間取れ次第やりますが、速攻でどなたかやってくれないかしら |ω・`)チラ

やり方はこちらから

 ■レーシック難民特集番組

また下記はレーシック難民特集番組 アメリカのFOX NEWSでのレーシック難民の特集になります。

インフォームドコンセントの欠落と後遺症の治療ができない点、自殺してしまった警察官の方のストーリー

(遺書にレーシック後遺症がひどすぎる、メディアに伝えてくれと記載)、スターバーストが発生して業務を行えなくなったユナイテッド航空のパイロットの訴訟、

そして悲惨な結果を目にしてレーシックを行うのを辞めた医師の告白などが特集されています。

Lasik Problem 2 レーシック地獄

Lasik Problem 1 レーシック地獄