レーシックホットライン と旅に出ていた件

ヤフーニュースで取り上げられていました。 レーシックホットライン

f:id:somei2012:20140120201411p:plain

詳しくは染井さんのブログでどうぞ

ホットラインは今も継続中だそうです。下記くろねこさんのエントリからコピペ

=======================================================

引き続き、医療問題弁護団の先生方による、レーシックホットラインは続いていますので、レーシック後の眼の不調に悩まれている方は、ぜひご連絡ください。

医療問題弁護団 – レーシック後遺症・合併症相談窓口 (2014年1月から)

電話番号 : 03-5698-8544

期間 : 締め切りはありません。

=======================================================

で久々の更新となりましたが実は 1ヶ月ほど旅に出ていました。

インド、ドバイ、ヨルダン、イスラエル、パレスチナ、トルコを旅してきました。

肩を怪我していたのでサーフィンはしていません。

また近々 今度は少し暖かい所へ旅に出る予定です。

旅の内容についてはまた別途ブログにアップデートしていきたいと思います。

Banksy Graffiti   Flower Thrower

IMG_7113

 

これまでのレーシック不具合報道とレーシック業界の反論まとめ&お礼

これまでのレーシック不具合報道とレーシック安心ネットワークの反論まとめ&お礼

これまでの報道まとめが無かったのでまとめてみました。 また動画はまだあがっていませんでしたが本日の報道ステーションサンデーでも取り上げられていました。

■動画

NHK レーシック手術に注意呼びかけ 消費者庁

TBS レーシック手術、4割超が不具合訴え

■ウェブ報道

日本経済新聞 レーシック手術、「術後に不具合」4割回答 消費者庁が調査 

朝日新聞 レーシック手術、4割が「不具合感じる」 消費者庁調査

衆議院議員 三谷 英弘の考え レーシックについてのご報告

■レーシック業界の反論

安心レーシックネットワーク 2013年12月4日に消費者庁より発表になったレーシック報道について

錦糸眼科【重要】消費者庁のレーシック調査について

神戸神奈川クリニック 昨今のレーシックの報道における当院の見解

この安心レーシックネットワークでは、私が術後直後に見え方が大幅に悪化してなんとか改善したいと眼科巡りをしていた時に私を診察した医師も出演していました。

誠意ある対応は感じられず、「自己責任」の一言で片付けられてしまい、苦しみのどん底にいた日々を思い出しました。

■今回の消費者庁の注意喚起に対する感謝

遅くなりましたが今回の消費者庁の注意喚起対応については「感謝」の一言に尽きます。

またこれまでこの問題の周知および前進に尽力していただいた三谷議員、医療問題弁護団、ブロガー、取材していただいたメディア関係各位皆様、本当にありがとうございました。今回の報道により新たに不必要な「レーシック難民」が生まれない医療体制になることを心から祈念します。

引き続き今後も消費者庁の行政としての対応を注視していきたいと思います。

 

 

消費者庁がレーシック被害調査開始2

消費者庁がレーシック被害調査開始2

消費者庁のレポート提出が遅れてしまいましたが、受け付けていただけました。ありがとうございますm(_ _)m

また私の事例についてもくろねこさん同様に「重大事故に関する公表事例」として登録、掲載されるようです。消費者庁のご担当者様ありがとうございます。少しづつでもこの問題が進展していけばと思います。

下記のような比較的中立的に見える意見も公に出てきました。

みさき眼科クリニック 石岡 みさき医師

眼科医自身がレーシックの危険性を公に発言しても「問題無い」空気というものが出来ていく事がとても大切だと思います。

 

消費者庁がレーシック被害調査開始

消費者庁がレーシック被害調査開始

だいぶ更新が遅くなりました。消費者庁がレーシック被害の実態把握のために調査を開始しました。 勿論被害レポートを提出した私のところにも同様のメールおよび手紙が届きました。以前こちらのエントリの通り 国民生活センターのトラブルメール箱 から同様の手続きをしましたが、再度レポートしてくれとのことですので対応します。

染井さん黒猫さんのブログでも告知されています。

まずは届け出を出さないと被害自体が「無かったこと」になってしまいます。

是非この機会に、レポートしていただければと思います。10分程度で完了します。

これまでレーシック後に不具合を感じているけど、医師が高圧的な態度で接してきたのでレポート出来なかった方、日常生活には特別問題はないけれども軽度の後遺症を患っている方など、皆さんの声が行政を動かす力になります。

【これから被害届けをだされたい方】

被害通報先

1.お電話での被害通報先

消費者庁

0570-064-370

2. Eメールでの被害通報先

国民生活センター

 

下記くろねこさんのブログからコピペ 消費者ホットラインに電話での被害届けの出し方

=============================

届の出し方は、消費者ホットラインへ電話をするだけです:

消費者ホットライン
0570-064-370
(電話するとお住まいの地域の消費者センターにつながります)

電話の内容ですが、単に下記の点をお話するだけです。
1.手術を受けた時期
2.クリニック名(あれば住所と電話番号も)
3.どのような点が不適切でないと感じたか
4.術後の後遺症はいかなるものであるか、そのせいで何が起こったか
5.それを病院に訴えた時の反応
6.後遺症発生後、どのような治療を行ったか、どの病院へ受診したか
7.自分の電話番号と住所
8.名前(伝えても伝えなくともよい)

================================

たったこれだけで皆さんの後遺症が行政に認識されます。10分程度の時間で完了すると思われますので、ほんの少し皆さんが勇気をもって行動していただければ難民としては嬉しいかぎりです。

被害レポート提出

かなり乗り遅れた感がありますが、ご存知のとおり「レーシック難民を救う会」が被害レポートを提出し記者会見を開いたようです。

 

BLOGOS   レーシックの件、厚生労働省及び消費者庁に申入れ

WSJ 後遺症の実態調査を=レーシック手術で要望

Yahoo ニュース後遺症の実態調査を=レーシック手術で要望

メディアにも取り上げられています。少なくとも一歩を踏み出したことは確実ですし、今後の展開に希望をもってウォッチしつづけたいと思います。

仮に今回の件以降、レーシック市場が縮小し、大手クリニックでの非倫理的なレーシック手術から、いわゆる”業界から足を洗う”医師が出てきたとしても、それについても稼いで逃げる、逃げ得を許さない行政処分を期待したいと思います。