日本眼科学会と日本皮膚科学会を比べてみる

日本皮膚科学界 みやすいウェブ コンテンツがどこにあるのかわかりやすい

皮膚科学会

カネボウの件しっかりとトップにのっています。消費者庁に数十件のレポートがあったそうですからそうしますよね。

 

日本眼科学会

日本眼科学会   コンテンツ左に寄り過ぎじゃ…. 金環日食の件がトップに特集されてますが被害規模はレーシックの方がはるかに大きいと思うんですがねぇ。

カネボウの件と同レベル以上の被害レポートが消費者庁にも届いているはずなんですが厚生労働省と日本眼科学会はなんで動いてくれないんですかねぇ。

厚生労働省もカネボウの件と同じく こういた一ページ割いて 問い合わせ窓口を開設してもらえればと思います。 村木 厚子事務次官に直訴したい。

 

カネボウと大手レーシッククリニックの対応の差が酷過ぎる件

カネボウと大手レーシッククリニックの対応の差が酷過ぎる件

染井さんのブログでも取り上げられていましたが、カネボウの美白化粧品で皮膚がまだらに白くなる健康被害が出たそうです。

被害者の方には気の毒に思いますが(使用を停止すれば回復するという報告のようです)、今回のカネボウの対応みると遅かったとはいえ、まともな対応だと思いました。これがまさに「誠意ある対応」ではないでしょうか。

まとめると

  • 消費者庁にカネボウ自ら被害レポート提出
  • 自主回収
  • 社内に夏坂真澄社長を本部長とする「ロドデノール対策本部」を設置。
  • 日本皮膚科学会の協力を得て、原因究明や治療方法の早期確立を図る
  • 全国に専任担当者を50−150人規模で配置
  • 医療費などを過去分も含めて回復まで負担するほか、慰謝料は実態を確認後に基準を定めた上で、回復時に支払う方針
  • 社長コメント 夏坂社長は「大変重く受け止めている。完治するまで対応するのが責任」

何故同じことができないレーシッククリニック!何故厚生労働省はレーシックだけ放置してるの?

と思うのは私だけでは無いと思います。

現にこちらでは

”消費者庁へのレポートは2件から37件に増えた”とあります。この程度の件数で行政が動くならレーシックも動いて良いはずです。

実際に消費者庁にもレーシック被害レポートは相当数たまっているはずです。当然私も提出しましたし、他にも周りで提出した方を知っています。

まだ提出してない方はこちらから被害報告しましょう。ここからカネボウの時と同じように事態が動く事も十分あり得ます。

被害通報先はこちらから

お電話での被害通報先
消費者ホットライン
0570-064-370
消費者庁
 
Eメールでの被害通報先
国民生活センター

視力という人間の情報の9割を取り入れる最重要機能が不良医師による極めて悪質な手術で深刻な後遺症が残っている人が大量生産されているのに、この対応の差は理解しがたいです。

今回女性としては2人目として次官に就任された

厚生労働省事務次官 村木 厚子さんに期待したいです。レーシック問題に対して行政として公平に取り組んでもらいたいものです。

厚労省のクリニックへの天下りなどのしがらみはあるでしょうが、

レーシック症例数や効果の過大広告、インフォームドコンセントの欠落等 医療機関とは到底よべなくなっている、レーシッククリニックに対してまっとうな行政処分を期待します。

 

レーシック難民番組の翻訳

今日は比較的に早くに帰宅したので 以前のエントリで紹介した ABCニュースのレーシック難民特集 その翻訳をしたいなと思い再度 リンク先を 確認したら

この方法だと自分がアップロードしたコンテンツじゃないと字幕(キャプション)をつけれなそう ORZ

と思っていたら ん? こんなところに自動字幕ボタンが ひょっとしてこれって

ありました。自動字幕サービス & 自動翻訳 試してみると。。。

youtube-caption2

1. Automatic CaptionsをONに

2. Translate Captions で Japaneseを選択 これだけ

 

youtube-caption

 

ひどい。。。。

どういうこと言ってるかわかるだろうか 汗

因に English => Englishのキャプションは理解できるレベルでした。

English => Japaneseのレベルがもう少しあがれば….

うーん他に良い方法知っている人教えてください。

丸々動画キャプチャしてアップロードしてそれに字幕つけるのとかはちょっと面倒だなぁ

 

ホリエモンの体型変化とレーシック後の自分の体重変化

ホリエモンの体型変化とレーシック後の自分の体重変化

horie-running

 

この写真みてすごいなー と思いました。色々と勝手に個人的に思い入れがある堀江さんですが、体型の変化が尋常じゃない。

で何が自分と関係があるかというと、自分もレーシック後からとにかく複視、スターバースト、ハロが24時間つきまとっているので、ようは眼を開けているだけでストレスが常時発生するのでそれを解消する方法として、サーフィンをしまくっていたら、あら不思議 食事とか特に何も制限していないのに体重がこの1年で8キロ程度減りました。 体型も所謂サーファー体型になり、ガッチリ引き締まりました。2年くらい前からだと信じられない変化です。

人間やればできるものです。(^^)

かなり不可能だと思われる事でも、継続して活動していくと結構道が開けるんですよね。

集団訴訟も医療過誤裁判も非常にハードルが高そうに思えますが、きちんとした手順を踏めば実現可能です。

ご興味のある方は こちらまでご連絡ください stoplasik@gmail.com ストップレーシックの会

点眼薬副作用について

点眼薬副作用について

調節麻痺剤の長期投与について くろねこさんのブログコメント でくろねこさんと元眼科医匿名さんの間でやりとりがされています。

自分もミドリンを眼の調子が悪い時に時々投与しています。

眼圧上昇のデメリットについて以前から把握していたので、どうしても視界が暗過ぎる時、ピントがあわない時に限定して使用しています。

ミドリン 等の点眼薬についてはこちらの Q-LIFEお薬検索 で副作用を含む情報を得られます。

医師が副作用について十分に説明することなく処方する事も多いようですので、医師に言われるままではなく、患者も自ら自分の治療に積極的に参加して判断することが必要なのだと思います。

Q LIFEは医療従事者側にたったウェブサービスなようですが、もっと Patients First! (患者第一)なウェブサービスがほしいなぁ