年末年始にレーシックを検討される方へ

年末年始にレーシックを検討される方へ

大手クリニックのウェブ広告はこの時期に勢いを増します。年末年始やお盆など休みがまとまって取れる時期にレーシックを受ける人が集中するためです。

是非このサイドバーにもリンクを貼ってありますが、これらのブログを10分程度でもいいので読んでいただいて検討していただければと思います。

がっぴーのブログ
くろねこの涙
嫁ができるまで淡々と更新するよ
素晴らしき哉、人生!
近視手術の後遺症対策研究

大手クリニックの宣伝内容には、後遺症を負った者としては到底実感値から大きくかけ離れた内容が謳ってあります。

手厚いアフターケア、99%が1.0以上に回復 等々

■手厚いアフターケア => レーシック術後の後遺症のアフターケアというものは再手術以外に無いと思われます。クリニックもそれがわかっているので診察にこられると迷惑そうな対応をするところも多いようです。実質的には経過観察だけで気休めにヒアレインをだして、積極的に後遺症を治すというのではなく、大幅に悪化しないという事を祈るしか無いというのが実態だと思います。

■99%が1.0以上に回復 => 1.0に回復しても健常者の1.0とは見え方の質が全然違います。特に強度近視からの場合体感値としては7掛けもしくは半分程度の見え方(視力表上では1.0でも体感値では0.5程度、コントラスト感度低下、複視などのため)に考えておいた方が良いというのが私の経験から言えることです。

行政による日眼会レーシックガイドラインの徹底と、レーシック手術自体の術後経過統計データからの術式に関する安全性の確認を一刻も早く行っていただきたいと思います。(業界自体の自浄能力には全く期待できない)

レーシック難民がこれ以上世の中に溢れない事を祈ります。

Merry Christmas and wish you all the best for New Years and 2013……..

NYCchristmas

レーシック術後不満アンケート

レーシック術後不満アンケート

サイドバーに レーシック術後の不満 というアンケート機能を追加しました。皆さんの意見をお知らせくださいm(_ _)m

レーシックに関しては症例データがきちんと統計がとられていない現状があります。

ほんの少しでもどれくらいの人がどのような事を不満に感じているのか、これによって知る事ができれば嬉しいです。

事故情報データバンクシステム

事故情報データバンクシステム

こちらのブログで紹介されています通り、事故情報データバンクシステムの検索件数でレーシックが交通事故を抜いて一位になりました。

この結果について大手クリニックの経営陣、医師達はどのように受け止めるのでしょうか。

またこのような状況を行政が放置しているのは、全く納得が行かないところです。

事故データバンクでレーシックでの検索件数が、交通事故の検索件数を超えてしまう状況で問題があることが明確な医療行為がリスク説明が無いままに未だに堂々と行われ、年間40万人に対して施術されている現状は異常と言わざるをえないでしょう。

レーシック後遺症でお悩みの方は弁護士以外にも下記の国民生活センターなどで相談してみるのも情報が得られて良いかもしれません。

http://www.kokusen.go.jp/t_box/t_box.html