外斜位の発生

外斜位の発生

昨日近所の眼科に夜用メガネを作成しにいってきた。眼鏡士の先生が丁寧に色のついたレンズで斜位を確かめてくれ、明確に外斜位が発生しているのを確認できた。

当然レーシック前にはなかったもので、手術をしたクリニックに症状を訴えても手をかざすだけで「問題無い」の一言で終了。また右目に軽い乱視も発生していました。こちらも当然手術前はありませんでした。そして強制視力についてもやはり0.6程度しか最高ででない。こちらについては精密検査をまた別の施設の整った大学病院クラスの場所で受けるように勧められました。

ほんの少し丁寧に検査すれば斜位が発生しているのは明らかなのに、それをわざと無視したのか、本当に気付かなかったのかはわかりませんが、いずれにしても大問題です。眼鏡士の先生いわく、「これで斜位が無いと言えるってのはちょっと理解できない」 とのことでした。

プリズムレンズを処方してもらい眼鏡屋へ、新しい眼鏡は63000円。。。。痛いです。。。

明日は特注ハードコンタクトを作成しに行ってきます。 うん確かに100万円オーバーで治療費、対策費発生します。

乱視も無く近視だけの視界がどれだけ美しいものだったのか実感。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>