事故情報データバンクシステム

事故情報データバンクシステム

こちらのブログで紹介されています通り、事故情報データバンクシステムの検索件数でレーシックが交通事故を抜いて一位になりました。

この結果について大手クリニックの経営陣、医師達はどのように受け止めるのでしょうか。

またこのような状況を行政が放置しているのは、全く納得が行かないところです。

事故データバンクでレーシックでの検索件数が、交通事故の検索件数を超えてしまう状況で問題があることが明確な医療行為がリスク説明が無いままに未だに堂々と行われ、年間40万人に対して施術されている現状は異常と言わざるをえないでしょう。

レーシック後遺症でお悩みの方は弁護士以外にも下記の国民生活センターなどで相談してみるのも情報が得られて良いかもしれません。

http://www.kokusen.go.jp/t_box/t_box.html

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>