レーシックトラブル用ハードコンタクトレンズ

レーシックトラブル用ハードコンタクトレンズ

WBCで活躍した井端選手もレーシック後遺症の治療用につけているといわれているハードコンタクトレンズ

井端

私の場合は少しでも、高次収差から発生していると思われる複視、スターバースト、ハロ、コントラスト低下を抑えるため作成したいと思うようになり、先週大学病院で紹介してもらったコンタクト専門眼科でレーシックトラブル用のハードコンタクトを作成してきました。届くのには3週間程度かかるらしい。1枚35000円 2枚で70000円。

レーシック後の角膜は台形型(円錐型?)になっており、通常のハードコンタクトレンズではうまくフィットしないということで最初から台形型になっているレーシックトラブル用ハードコンタクトをはめてフィッティング、5分くらいは目をまともにあけるのが難しいくらい装用感は悪かったが最初は皆このように感じるらしい。まだ信じられないが、徐々に慣れていって最終的にはソフトレンズより装用感は良くなるらしい。大学病院ではレーシック難民後のハードコンタクトはフィッティングがうまくいかず何回もレンズ購入するはめになる人が多いと言われたので、そうならない事を祈るのみ。

また診察していただいた医師によると不正乱視については、自分は角膜のみで発生するものだと思っていたが、なんとレーシック後遺症として眼球内(前房、後房内?)や、水晶体で発生することがあり、これについては矯正不可能ということです。(もし眼科医の方でこれを読んでいて認識が違うという事であればお知らせください)

そしてやはり自分の右目に斜視と乱視が発生していると言われた。(今回は外斜位ではなく斜視と言われた)

つくづく人間の眼って超精密にできている事を確認。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>